あめの音。

あめの音。

ぽつんぽつりと あめの音。
ちゅんちゅるりと とりの声。
ぴちゃぴちゃとあるく あしの音。

合羽をきてあそぶ子どもたち。わたしも子どもになって遊びたい。


最近日記を書かなくなったこと

今までは毎日書ことうとネタを練っていたものの、大きな風邪を惹いたあとから別に書くようなことってないと思うようになってしまい、ダラダラと生活しているところです。

最近は意味もなく一人でぶらり旅することが多いです。
最近では東京都心を歩いたり、千葉県などへ自転車で漕いだりしてました。
近々行ったところとしては船橋アンデルセン公園。

P_20170714_104213

お洒落なところで良かったです。どちらかと言うと子ども向きな施設で小さい時に来たら面白かったんだろうなと思いました。

おやゆび姫のプレート

P_20170714_110822

そのほかの写真

P_20170714_114423

P_20170714_114740
P_20170714_115203


あじさい

2分咲きあじさい

紫陽花は全体的に咲いていない2分咲のころのほうが好きです。よく見ると四枚葉なのですね、多く咲いてると雑に描いてしまうので勉強になります。

スカイツリーと紫陽花
様々なあじさいとスカイツリーが映る場所で撮ってます。先週買ったZenFone 3 MAX を使いながら撮影してみました。撮る時に意識してるのは黄金比を使ってます。流石に寸表を持っていくのは大変なので感覚で覚えてますけども。やっぱり写真でも見栄えが写りますね。


苦痛と言えば苦痛だ。

続けることに対して苦痛を感じることがある。アイデアの浮かばない時のイラストは頑張ろうとしてても失敗する。そして飽きてしまうのがよくあるパターンだ。

続けることにはボキャブラリーと新たな発見が必要だと感じる。
大切にしているのは休日の気になるモノ探しである。最近だとココアとパンケーキの組み合わせが美味しかったとか、いつも見る視線とは違う風景とか新しい発見とか気持ちが良かったものを呟くようにはしている。

これだけでも楽しいし、何かアイデアに昇華できれば面白いのではないか。

苦痛を楽しいと思うようにするには

気分を変えて睡眠をしたり、外に出て太陽の光を浴びたり。気になることを調べたりするだけでも意識は変わるでしょう。苦痛を増やすのはモノに対して飽きるということなので苦痛を感じたら一度離れて別の見方をしてみるのもありかもしれません。


夏風邪を惹いた。

だいぶ元気になりました。黒姫朱理です。
今週の月曜日(5日)から夏のインフルエンザとも言われるアデノウイルスにかかってしまって39℃の高熱を3日ほど続けていました。巷ではプールで大流行するからプール熱とも言われるみたいですね、プール熱といえば本当に小学校3年生以来でしょうか、アレはあれで熱が続いて辛かったような気がします。

状況レポ

惹きはじめ (5日 – 月曜日)

前日からお腹は下痢気味で良くなかったが、
お昼頃、身体に急激な寒さを感じる。布団に包まっているがちっともダメ。
母親に決断してお風呂を沸かしていだきお風呂に入る。痙攣する前だったが湯船につかり身体を温めなんとか凍え死ぬことはなくなった。

お風呂後

温まったは良いもののそこから意識が朦朧とする熱が発生(38.6℃) ふらふらするが最低限のことはしなきゃと思い、近くの薬局にてポカリ1.5リットルとゼリー2つを購入。熱冷ましシートを貼って明日には熱が下がるだろうと思い布団に包まって就寝

脱水症

布団で包まっていたら、身体が熱くなりすぎて脱水症状がでる。そして右目が痛い。扇風機の前に座ってゆっくりと身体を冷やす。この時に買ってきたポカリは全て消費。とにかく水を絶やさないようにしてた。

急激な下痢 (6日)

熱も下がらず38℃半ば、お腹に痛みを感じるので食欲もなし。
30分から1時間に一回のペースで下痢になる。トイレが友達状態に。
シリアル・お粥に挑戦してみたがダメ。どうやらポカリスエットなどで糖分を摂りすぎたようなので飲み物を麦茶とかに変更しつつ。食べられるモノを手探りで探っていく

胃に通ったのは温かい「スープはるさめ」

脱水症を患わってるので「塩分」をチョイスするといいかもしれない。

一時、熱は下がったが… (7 ~ 8日)

一時37.2℃と身体が動くまでにはなったが、朝になるにつれ身体の節々が再び痛くなり再度39.2℃と計測の中では最高の高熱に見舞われる。

このときには「怠い・辛い・あつい」の感覚なので、布団に入ると熱で死んじゃう…。布団に入らないと身体が寒い…という状況でした。

熱にはカロナールが効くらしい

病院から貰ったカロナールを飲んだら、大量の汗が放出するように高熱から微熱(37℃)に、そして整腸剤(新ビオフェルミンS)を食後に3錠飲むことでゆっくりとお腹の痛みは軽減。

平熱に (9日)

もう再発させないぞ!という気持ちで午前中はゆっくりと睡眠をとる。午後はきゅうりのお新香やらおでんの大根など柔らかいものを選んで食べるように、おなかすいてるからってガツガツはしないこと。

まとめ

今回の風邪は脱水症になりやすいのでOS-1などを先に買ってたほうが完治がもう少し楽だったかもしれないです。下痢を患う病気に「新ビオフェルミンS」は効きますし常備していた方がもしものときに便利かもしれません。(今回は購入が遅かった) 今回の夏風邪は急激にくることが多いです。気づいたら風邪を惹いてたという状況でしたので、うん?と思ったら先の行動をしておくと良いかも

11日現在:普通に食事するぐらいには体力は回復できてます。ただ、今まで熱で失われたパワーはだいぶ衰えることになりますね。何もかも重く感じます。(´;ω;`)