あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。恐らく晦日、大晦日は忙しいであろうなのでお正月前に書かせていただきます。去年は仕事先を増やしたり、みんな集まる場所な仲から個人で行動するための成り行きなどと大きく変化を伴う年でしたが、健康の面では問題なく行動が出来たので良い年を迎えることができました。

しかしながら自分を鍛えることができたのかと言われますと、全くと言っていいほど「否」であるとコメント致します。それは何故かというと勤務を口実に年末にかけて4ヶ月ほど筆を折っていたという理由です。「時間を取れなかった」というのは嘘でして、空き時間をゲームの娯楽に費やして甘えてしまったのが要因でしょう。やはり目の前で触れる距離に置いてしまったのが敗因だと思ってます。取り敢えずは12/28 付でコンセントから引っこ抜き倉庫にはしまいましたが…。この結果が吉と出るか凶と出るかは今年に期待したいですね。

来年の目標としては、少しづつ金銭に余裕が出てきたので無理はしない程度に行動をしたいのと、相変わらず勤務仕事(週6)への余裕は無いですがぐーたらするよりもお絵描きの道を歩んでいきたいですね。

日々の近状はTwitterなどで呟いてますのでなにかご縁があればコメントお願いします。ゆるーく呟いてるだけなのですがね。

言葉にするほど伝えることはないけども…

言葉にするほど大事なことは無いけども、声に出して叫びたい気分である。日本語って割と時候の挨拶から始めないと、急に何を言ってるんだ?という言い回しになりかねない。しかし時候の挨拶なんか気にしていると文章を書くのが怠くなって、やーめた!と声を出したくなるのがいつも通りだったりします。英語なら「Dear(親愛なる)」から始まって、いわゆる「隣人を愛しなさい」のようなキリストらしさが表れてるような気がします。日本語でも「前略」や「拝啓」などで時候の挨拶を省略することは可能なのですが、それでも「いかがはお過ごしですか?」のような安否や健康を確認する文は日本語から外すことできないので、英語の「Dear」という表現には簡易的な文章に一歩劣る気がします。

なぜ日本で要件を遠回しに伝える文化が生まれたのか?その要因としては「手紙」というのは送るものではなくて自分自身、もしくは身内の近状を伝えるもの、本題よりも元気に暮らしてます。そちらの状況はどうですか?と愛情を伝えるものと私は推測しています。日本軍の戦争であれ、戦国時代であれ一つの手紙がどれだけの心に残るものとしてのツールなのか分かるような気がします。そう考えると手紙を送れない状況というのは「何か問題があった」とか「言葉にするほどお伝えできない状態」ということになるわけですね。

ここからは漫言放語な雑談になりますが、最近呟けないのも要因としてはお仕事という理由もありますが、それよりも周りに披露できるような場面がない「声を出したいけども言葉にしたら変になる」ということです。何も考えず近状を呟ければ閲覧している人にも、アンネさんどうしてるんだろう?という状況をお伝えできるのですが…。ケーキたべた!国立科学博物館でミイラ展観てきた!のような子供っぽいことしか呟けないのでブログ(手紙)にするほどお伝えできないのが忌まわしいところであります。前回の日記から2ヶ月経ちましたが、流行の風邪で体調を崩すことはあったものの元気に暮らしております。年末に向けて忙しくなると思いますが、なにか話せるような話題があれば文章にしていきたいと願っております。

2021年10月の近状

こんにちは、お久しぶりです。最近行動していたことと言うと今働いてる環境だと年金と奨学金そして食費だけでどんどんと娯楽に使えるお金がなくなってしまう状況だったので、もう一つのお仕事先を探していました。そして少し時間の余裕が取れましたのでお伝えします。今までの週4勤務:週3休暇から、週6のお仕事量になってお休みの概念(日曜だけ)は無くなってしまいますが、毎日4時間ペースでのお仕事なので体力に気をつければ今までよりも健康でなにかに没頭できるのかな?と思っております。

お金が溜まった後のご予定としては、旅行とか行きたいですが、恐らくは来年の夏のご予定になりそうですね。場所は決まってませんが行ったことのない土地に行きたいです。

何かしらの勉強はしてる

最近はこのWORDPRESSでも使われてるPHP言語の勉強や、それにともなる自分のウェブサイトの改修などを行ってました。趣味や勉強が多いと、今までやっていた趣味というのは疎かになるというのはありまして、最近2週間程イラストを勉強してないのも事実だったりします。プログラミングで整えるのも一つのデザインと考えるならば何も行動していなかったとはなりませんが理想とは違った趣向になってしまうのでそれでも勉強すべきなのか悩みますが、それも自分の得るものと考えれば良いことなのかもしれませんね

ゴッホ展

そろそろ東京都美術館で開催されるゴッホ展。「ひまわり」とか「星月夜」などの作品が在ればいいなと思っていますが、その作品がなくともゴッホの色使いには感銘を受けた作家でして、新たな興味をそそられる作品が他にもあればと期待しているアンネさんです。
その中でも「星月夜」の雰囲気が好きでして、今年描いているイラスト達は背景が黒寄りだけども、雰囲気が暗くさせず、幻想的な世界を醸し出すような技法を探っているのも本当であり、少しながらもゴッホの影響はあるのかな?と思っております。

秋にかけて

プログラミングと同時進行で改装していた「うさぎ国」のデザインも終わってきたので、そろそろ名前と設定は出来ているラビットの2匹を秋の今宵の満月までには仕上げたいなと思ってはおります…が、うさぎ以上にのんびり屋なので何時になるかは考えてません。まぁ熱があるうちには…!!と言っておきます。

2021/08/07 の戯言

最近、運動することもないので慢性的な腰痛が少しずつ現れてきているアンネです。それでも前回の国立科学博物館や千葉にある千葉市科学館などに遊びに行ったりして定期的に歩くことはしているのですが、どちらかと言うと坐骨神経痛だったりするので立っている方が楽だったりするのですけどね。やっぱり腹筋などをして筋肉を和らげないと良くならないですかね。今のところの悩みのタネだったりします。

Webp

クリエイトなことと言えば自分のHomepageの自動でWEBP(画像形式)を出力出来るようにしました。というのもPHPを触ったりしていながらも何度も失敗するので実装を諦めてたのですが簡単な構文を描いてたらアッサリと出力されたのでwebに組み込みました。これで専用の画像ソフトで一々手間暇をかけてた行動が楽になるので嬉しい限りです。

8月のご予定

特には外出するなどのご予定はありませんが、何かしらメモを取って行動するような月にしようかと思っております。ツールは何でも「カレンダー」に書き込むなり、いつも使ってる文章ソフトに駄弁るのもよし、Twitter に呟くのもありかも知れませんね。人間は良いことを思いついても手でメモをすることをしなければ、すぐに忘れるようになっているので、何かしら良いことを思い出したらメモを取るようにしたいです。