自転車を漕いでた時に財布を落とした件

発端

いつかは自分も落とすのではないかと思っていたのですが、昨日。ついに落としてしまいました。最初はポケットに財布を入れ忘れて自宅を出たんじゃないかと思っていたのですが…。自宅に戻っても置いたと思われるところになくやってしまった…と辛い気持ちに。クレジットやら銀行のキャッシュカードを止めなきゃ。そういや保険書も入っていたなぁ…再発行手続きもしなければと色々考えてしまって精神的に病んでしまいました。

ダメ元で交番に届いてないかと思い、自転車で漕ぎつつ来店。紛失届を書くところで…、あぁ届いてないんだなぁ。これは仕方ないなぁと思いながらも無くしたものを自分の手で一筆。見つかってくれれば良いだろうと願いながら書き終えると。

「実は届いているのだが…」

担保(証明)の為にも無いように確認させていただいた。ただ、証明できるものが無いと渡せない。そりゃそうだよね…。一番の証明できる保険書も財布の中だとどうしようもない…。免許書も持っていないしパスポートはとっくに期限が切れている。

後日に住民票でも良いですが…と一言つぶやくと、やっぱり今日中に渡したいよね。と警察さんの一言。親御さんはいる?特例で「免許書と保険書」を確認いただければお渡ししましょうと、その言葉に御礼をしながらも親御に電話。中身も抜かれず無事に自分のもとに戻ってきたという訳です。

拾ってきた方に感謝

普段は戻ってこないものです。落としたらなくなるもの、消えてなくなるというのが一般的な考え方。そんな中で大切な時間を使いながらも財布を届けてくださった。感謝の言葉もいらないという慈愛を持ち合わせていらしゃったことに頭もあがらないです。

財布が戻ってきて良かったです。今度から落とさないように反省したいですね。

モノクロ

真っ白に真っ黒を重ねるモノクロ 

デザイン的には良いのですが文字を読むときに読みにくいというご法度を気づかず続けていたので修正しました。とはいっても白に少し色味をつけただけなのですけどもね。

黒板

本を読んだりWebコンテンツを探るときのバックグラウンド(背景)は白地が多かったりするのに、いざ書こうとするときに黒の下地に白の文字の方が執筆する時に疲れなかったり、文字の間違いに気づきやすいという利点があったりします。

もしかしたら白地で読んでいる本も、黒く背景で読んだら読み飛ばしていた物事も気づくことになり面白みが増すのかもしれません、推理小説のトリックみたいな感覚ですね。

映画

暗闇でみる映像。それが映画。
自宅で明るくディスプレイでみるよりも、暗く大きなスクリーンで見たほうが目の前に襲ってくるという臨場感を味わうことが出来ますよね。

黒には引き締めるという効果

黒には引き締めるという効果があるので、見せたいものを中央において縁を黒くすると物を強調させ集中することができます。普段使っているものだとテレビのモニターとかかな?

趣味は「ゲームすること」と、答えることができるか

ゲームの試合に勝利して幸せを感じることはあるけども、幸せを感じるためにゲームをすることはあまり好ましくないよね。

スプラトゥーン

いろんなソーシャルゲームやネットゲームを嗜んでいるのですが「勝利した優越感」というのを得たいが為に時間を割いてプレーをしちゃう。すべてが自分の思い通りに行くわけでもなく、失敗したり負けることもある。それが八つ当たりやストレスの原因にも変わってしまう。ここでは諦められないとゲームを続けてしまうことは精神的にも時間的にもよろしくない。

ただ、続けることによって「実力」というのは増えてゆく。ゲームを嗜むことで壁だったものが超えられることができる。経験というのは実力と同意義であり遊び倒すというのも悪い意味ではない。言えることは「趣味はゲーム」ということにできるか、他の趣味や娯楽を捨てることができるかだと思う。

一般的な「釣り(フィッシング)や アウトドア」が「ゲーム」に置き換わっただけで他の趣味とはなんら変わりはない。ただ導入のしやすさ自宅で行動できてしまう楽な考えから、誰でもゲームにめり込んでしまう中毒性があるということ。次から次へと挑戦してしまう追求心があるからだ。

ゲーム以外にやりたい趣味があるならゲームをすることはあまりオススメはしない、他にすることがないならゲームをたっぷり追求すればいいのである。

ゲームをやめたい

自分は他にも趣味を持っている。「読書」本を読むことも趣味だ。
外で行動するアウトドアなものが趣味と捉えがちだが、そういうわけではなく家の中でゆっくりと行動するインドアなものも趣味である。机を作ったりするD.I.Yも、人にとっては趣味ということになりうる。

もともとあった自分の趣味を犠牲にして「ゲームをすること」というのは本当に良いことなのか。その場の「優越感」を得たいがために仕方なく遊んでいるのではないのか?私はそう思ってしまう。

趣味をすることの時間は有限である。

その時間をどのように割くかによって「実力」というのは蓄積されていく。RPGでいうスキルのようなもの。読書をすれば知識が増え、D.I.Yをすれば技能が増える。特化したスキルというものは人にも尊敬されやすいし、それも優越感として帰ってくる。コストをどのように調整するかによって他人とは違う存在になることができるのではないのか。

断捨離

ついついゲームに手を伸ばしてしまうのであれば、物理的に無くせばよい。すぐに起動できてしまう環境があるからこそゲームをするのであって不便な状況を作れば自ずと「面倒くさい」と思う心が出来てゲームをすることに楽しみを感じなくなるはずである。

私も優越感を得たいがためにスプラトゥーンを楽しむことに半日。いやまるごと一日とゲームをすることに廃人になってた時期があるが、ずっと続けているとどんどんと知識が薄れ頭がおかしくなってゆくように感じになり。自尊心的にもおかしくなりそうと思い、WiiUのコンセントを抜き、倉庫の目のつかない取りにくい場所において違うことに趣味を置こうと考えた。それが良かったのかプレーをすることもなく違うことに趣を置けたのである。

信じられないと思うが「目から遠ざける」だけでも意識の違いは変わる。つい眼の前にあるから遊びたくなってしまうのである。快感だけの為なら「断捨離」したほうがオススメだ。それが辞めたいのであれば尚更である。

ゲームをすることは

「ゲームをすることも趣味」である。言えるのは中毒性が高いということ。それを押しのけてまでゲームをしたいかは人それぞれ、趣味は考えて「やりたいことをやる」というのを意識して行動をしたほうが良いのかもしれない。

[ ゆめにっき ] 血液が緑色な少女

季節風邪でしょうか。Youtubeの動画で面白おかしく笑っていたら喉を痛めて寝込んでいました。気をつけていても急に体調を崩しがちなので気をつけていたいです。

最近見た夢

血液が緑色な少女

生まれつき血液が緑色な少女。実は博士からつくられたアンドロイド。血液が緑葉体で出来ている。知識も未熟で人間的なことを覚えてくるや否や、博士に迷惑をかけてしまう。

口癖は「なんでワタシのここはミンナとは違うの?」

ゆめにっき

夢の中の日記。空想的な日記だけどもいつもの自分とは違う想いを綴る事のできる幸せなこと。怖かったり幸せだったり主人公目線だったり第三者視点だったり。自分とは違う異性で会話が進んだりもする面白い内容。

大体は忘れてしまうことが多いけども、しっかりしたストーリーは最初から最後まで覚えてたりもする。変わったヒラメキというのは夢の中で綴るということが多いのではないかな。

面白いこと

冬はなかなか小さな旅(小旅)にいけないので外出はご無沙汰気味でもあります。同じものをダラダラと続けるのが苦手なタイプの人間なので、趣向を変えたり違うものをチョイスしたりして幸せを得ることが多いです。最近で言えば横浜中華街で入ったこともない中華屋が美味しかったことでしょうか。四川麻婆豆腐がオススメみたいでしたが、お昼のランチタイムだったので今回は断念して普通の麻婆豆腐を選んでみましたが美味しかったです。

景徳鎮 http://www.keitokuchin.co.jp (動画が流れるので注意)

ブログのデザインを少しだけ手直し

マテリアルデザインって今でも流行ってるんですかね?
Webデザインの進化はすごく速いので新しいデザインにしても、直ぐに古びたデザインになってしまうのです。ただ自分のポリシー的に「自分が使いやすく多少でも見やすいデザイン」を心がけて作ってるので別に大掛かりに修正したりすることはないでしょう。

修正したところ

日付の表記


Post in 2019年2月4日という表記になっていましたけども、英語の部分要らないので消しました。結構スッキリして何日に書いたか分かりやすくなったと実感してます。

フッターの「new post」「older post」


日本語にして、どこを押せばいいのか分かりやすく背景を桃色に変更させていただきました。
これで少しは目立つようになったかな?

検討中

コメントからいただいた内容で「タイトルの下に投稿カテゴリーがほしい」という意見。実用性はあるのですが、デザイン的にはちょっと悩ましいのでどうしようか検討してます。(スマートフォンにもPCにも良い表現の仕方が思いつかないので)

とりあえずこんな感じです。久しぶりにブログ修正した気がします。(;・∀・)