春の東武動物公園めぐり

4月は急に生活が変わったり、お仕事が増えたりと大変でしたね。自分の周りは書くということが出来ないほどお忙しいものでした。5月になり連休の時期になり、だいぶ落ち着きができたのでとある場所に行ってみました。

東武動物公園

https://tobuzoo.com/zoo/
けものフレンズとコラボしていた東武動物公園、賑わっていたときは行けなかったのですが上野動物園とは展示の仕方が違うのかな?と不思議に思い散策しに行ったのです。

東武動物公園入口

電車に揺られて一時間…着いたのが東武動物公園。ゴールデンウィークの頭だったのか思ったよりも混んでおらず入ることができました。目的は遊園地ではなくて動物に会いに行くため!ジェットコースターに乗りたいなとは思いつつ前に前にと歩みました。

たぬき

たぬき

最初にお会いしたのがお眠しているたぬきでした。たぬきといえば夜行性なのでお昼であるこの時間はのんびりと寝ていることが多いみたいですね。活発なたぬきもちょっと見てみたいです。

ミーアキャット

ミーアキャット
次はミーアキャットちゃん。二足で立つ仕草は敵がいないか監視をするためと言われています。防人っぽくて可愛いですよね。けものフレンズの看板も飾ってあってイメージが湧きやすかったです。

ミーアキャット - けものフレンズパネル

ペリカン

ペリカン
ペリカンって思ったよりも大きいのですね。自分のイメージするペリカンって50cm、アヒルをちょっと大きくしたくらいのサイズだとは思っていたのですが…そうでもなく私の体格と同じくらいのデカさでビックリしました。

大きいとは言ってもペリカンというのは割りと鈍感。だけども食べることには旺盛なアニマルなのです。食べ物のために怒ったり喧嘩したり変わった一面も出すのがこの子という訳ですね。

ホタルの楽園 ほたリウム

東京では0に等しいくらいホタルが居なくなってしまいましたね。山地に行けばホタルは見られるのですが、なかなかきれいな水がある地域でもそれほど見られなくなってしまったのが現状です。それでもホタルを育成して野生に返そうという研究が、ここ東武動物公園のほたリウムという場所で行われています。

ほたリウム

入場制限を行っているため30分くらい待ちましたが、実際入ってみて400円の価値はあると感じました。ホタルというのは親が光って綺麗に見えると思いきや、赤ちゃん(幼虫)のほうが元気に光るのですね。名前の通りプラネタリウムっぽくて綺麗です。

鳥と触れ合えるゾーン

ショウジョウトキ - けものフレンズパネル

ショウジョウトキ

フラミンゴ

もともとの予定でいたショウジョウトキに会ってきました。普通のトキにくらべると小さくて紅色な色をしているのですね。綺麗で美しいです。

まとめ

そんな感じで東武動物公園に訪れてみました。上野動物園にくらべて近く身近に動物を楽しめるのが、この東武動物公園だと思います。けものフレンズフェスティバルは7月1日までやっているみたいなので訪れてはいかがでしょうか?

FLACリッピングするのにオススメな商品 ”CDレコ”

最近ではハイレゾ(Hi-res)というのが主流みたいですね。SONYやレコチョクなどが曲の販売を行っておりますが、1曲500円ととても高い!!普通のCDに比べて2倍の価格がかかってしまうのがデメリットとなっております。

ハイレゾとは

44.1kHz, 16bit 以上のサンプリング周波数か量子化ビット数を超えているフォーマット(wav,FLACなど)を超えている音に適用する。CDにデコードされている周波数は44.1kHz 16bitな為。どうフォーマットをしてもハイレゾにならない。

主に販売されているハイレゾは 44.1kHz 24bit か 96kHz 24bit のどちらかである。

CDレコ

そこで紹介したいのが「IO-DATA社から"CDレコ"」という商品です。
CDレコ Wi-Fiモデル
http://www.iodata.jp/ssp/cdreco/ "io-deta CDレコ"
なぜCDレコを紹介するのかというと「FLACというフォーマット」に対応しているからです。

FLACフォーマットとは?

CDに取り込まれているリニアPCM(wav、AIFF)を圧縮しつつ元の音質を損なわず可逆的に処理をするフォーマットです。AACやMP3などの非可逆圧縮フォーマット(元の音質に戻せない)に比べて、ほぼCDの音源をそのままリッピングできる処理となっております。

メリット

・mp4やAACに比べ音質の向上。音がハッキリする。
・wavリッピングに比べて60%の圧縮

デメリット

・1曲あたり40MB(4分)
・mp4 aacと比べると10倍の容量になってしまう。
・音マニアや再生しているデバイスが良くないと非可逆圧縮と大差ない
・対応している端末が少ない(Walkmanや最新スマートフォンなど)

それでもCDレコをオススメする理由とは?

パソコンを持ってないが・・・CD音源をスマートフォンに入れたいというユーザーに向けてこの商品は発売されました。

そのままスマートフォンの端子に挿してリッピングする通常モデルと、Wi-Fiを使ってリッピングするWi-Fiモデルがありスマートフォンしかない場合は「通常モデル」PCはあるけどもFLACでリッピングしたいという場合は「Wi-Fiモデル」が良いみたいです。

リッピングするのには専用のアプリ( CDレコ – android )が必要なのですが、ワンタップで曲をリッピングしてくれるのでPCでiTuneなどを起動して…それをスマートフォンに書き込みをする手間が無くなるのを考えれば初心者でも優しい商品だと思います。

手持ちのCDをリッピング

やっぱり少しでも良い音を聞きたいものです。流石にハイレゾなどの原音に比べれば音は減衰するのだろうと思いますが、それでも今までよりも綺麗で重厚なものにしたい。そういう方にはFLACという拡張子はオススメでしょう。

著者の音事情

参考になるかは分かりませんが、自分が心地よい音として感じるデバイスをご紹介したいと思います。

再生機器

Walkman NW-A35

FLAC拡張子時は「DCフェーズリニアライザー」のみON
aac拡張子は「DSEE HX」をON

IE60

SENNHEISER IE60 クリアさ無いがライブのような臨場感を与えてくれる愛用品

拡張子

FLAC

Walkmanとの相性はバッチリです。

AAC

昔にリッピングしたときの拡張子 320kbps にして擬似的にも高音質

雑言

レコード盤のように「針を変えたり」「スピーカーを良い物にする」それとも、レコード盤を綺麗に磨いたりしてノイズのないクリアな音として変化するように、音というのは一つのものを変えるだけでも変わったりします。どれが正解というのはなく自分の好きな音を追求してゆくのが正味だと感じます。それがデジタルになっても再生する機械(CD・テープレコーダー・オーディオプレイヤー)の違い。イヤフォン・スピーカーの違いになったということなのかもしれません。

無口とコミュ症と人見知り


「話し下手と文字を書くこと」- 黒姫のお絵かき帳
実は2年前に「話し下手と文字を書くこと」という記事で無口な人は何故無口なんだろう?という記事を書いていたのですが。最近、言葉を発せられない人の中にも「無口」と「コミュ症」と「人見知り」という分類が分けられてるみたいなので少し詳しく書いてみたいと思います。

言葉を発せられないひとの種類

無口

なかなか言葉を発すことのない人。もしくは口数の少ない人。

どちらかと言うと「言葉」というよりも「文字」などで伝えるのが上手、違う表現の仕方をして一躍を担うこともある。

まわりからは「冷たい」とか「おとなしい」という表現を持ちがちだが、本人は「誰か隣にいて欲しい」という気持ちを持っている。

コミュ症

無口よりも感情が前に出てくるけども「言葉」として感情を表せなくて口数が少ない人のこと。

言葉数が少なくてもわかる人がいると嬉しい。その人に寄り添うことが多い。

本人としては色んなことを話したいため「文字」や「イラスト」などとビジュアル的に伝えるのが上手いひと。

人見知り

普段どおりに言葉を喋ることができるけども、初めての人や「人という概念が怖い」という人が多い。

目を合わしながら喋れないので、まわりからそっぽを向いているように見られがちだが、本人は「恥ずかしい」とか「目をみるのが怖い」というだけなので褒めてあげると心を許してくれる。

言葉を発するのが苦手なだけ

計算が苦手なように、言葉を発するのが苦手な人というのはいるものです。何も考えずに使っているようで「ことば」というのはかなりの高等技術ですし表現が苦手というのも不思議ではないこと、自分は「無口」だからって悲観に考えなくても大丈夫。何かしら得意なことを探して表現すること、それが「文章」だったり「絵・造形」だったりする訳です。

衰退をかかえるローカル鉄道

黒姫駅 ローカル鉄道

www.chunichi.co.jp/article/feature/railnews/list/CK2017112402000228.html

2018/3/31にJR三江線が廃線になってしまい。次々と鉄の道は消えていくものです。廃線を避けられないのかと言っても鉄道ファンやローカル鉄道好きな方々が観光に来られても雀の涙。1年に1回のペースだけでは救えないものなのです。

それなら、住んでいる方々が使えばいいのでは?という言葉もありますが、専ら地元の人にとっては近場の店やお隣さんで済んでしまう。移動するにも電車よりも自家用車で行ったほうが時間を気にせず行動できるということ、移動手段が豊富な都市部とは違いなかなか鉄道という利便性が存在しないのが現状です

存続するべきか、廃線にするべきか

存続するべきか、廃線にするべきか。という選択は会社にとって自治体にとって難しい問題です。というのも交通の便として少なからず顧客はいるもの(学生やら自家用車を持ってない方・運転できないご年配の方など)それを断ち切ってやめるべきかという判断をしなければならなく長い年月をかけて話し合わなければならないということになります。

存続する場合

運営鉄道会社的には赤字鉄道は廃線にしたいので切り捨てたいのですが、県・自治体にとっては重要な交通路なので存続して欲しいということがあります。その場合、新しく私鉄会社に譲渡したり資金の一部(半数)を出資する「第三セクター鉄道」化というのもあります。

最近だと信越本線を譲渡した「えちごトキめき鉄道」とかが有名ですね

主に、車道での交通が悪い(山岳部)や川が多く橋のない閉鎖的な地域がある場合は赤字でも存続するべき鉄道として扱われることが多いです

廃線にするべき

赤字を解消するには値上げするしかない。ただ値上げしたら乗る人はいなくなってしまうというスパイラルにハマってしまいます。なので県や自治体に助けを貰うというわけですが…県や自治体としても資金を出しにくい。出しても見込める余裕がない場合は廃線になってしまうでしょう。代替するものがある場合(バスや地域タクシー)はそのほうが利便性のあるものとして変わらずにおえないということですね。

もともと国鉄時代の名残

まだ明治・大正時代として国鉄は「鉄道は産業としての導管」「都市でも田舎でも流れる道として切らしてはならない」ということもあり大勢が都市に移動したり田舎にもどるための交通手段。石炭や貨物を輸送するための導管として重宝されてきました。

それが自動車の発展や道の整備により移動手段が鉄から車に変化して、輸送するトラックが増え、個人は自家用車で移動する時代が産まれたのです。

変化して問題になるのが国鉄時代に増やしてしまった鉄道の数々であり国にとっては大赤字。事業をすべて国から法人へ委託する(民営化)が行われたのです。

もし鉄道が国家で行われていたら…

赤字とか資金が足りないとかを抜きにして、もし鉄道が国営だったらどのように変化するのでしょうかね…?国鉄のメリットとして国への許可が通りやすいので私有地ではない限り良い路線が増えていたり。輸送へのバケットの流用性があったのかもしれませんね。

衰退するのはしかたない

残念ながら一過性のお別れ期間だけではその鉄道を支えるというのは難しいということです。一日に100人200人きても1年にしてみれば数人増えただけというもの、安定した供給が変化しない限りは廃線を避けられないということです。JRも廃線を増やさないためにも都市部の鉄道で黒字を出してはいますが、それでも全体の1割 全ての赤字鉄道を支えようとすると利益が出ないという状態になっております。

慣れしんだ鉄道がなくなるのは悲しいですが。
時代の背景ということ、少しでも好きな鉄道に投資してみてはいかがでしょうか?

PS4でも使えるJPRiDEのトランスミッター&レシーバー (JPT2)

ゲームしてるけども急にトイレが行きたい…!いちいち耳からイヤフォンを外すのが面倒くさいという方にオススメなのが「JPRiDE の JPT2」です。

【1分簡単セットアップ – 光入出力対応 】(JPRiDE) JPT2 Bluetooth トランスミッター & レシーバー ( 受信機 + 送信機 一台二役 ) AAC aptX aptX LL 対応 送受信両対応 高音質 CDクオリティ 2台同時接続 約22時間連続運転 充電しながら使用可 【メーカー正規品】

JPT2をオススメする理由

PS4はBluetoothを使ってコントローラーと本体の操作を行っているのですが、本体からBluetoothを使ってイヤフォンとかに受信させようとしても対応しておりません。という項目が出てきてしまうため別の方法を考えなければということで「光デジタル回線」を使えるようなお手頃なトランスミッター「JPT2」をオススメさせていただきました。

実際どうなのか

送信音質はかなり良いです。
繫げ方はPS4に「光デジタル端子」をつないで「JTP2」の「TX(送信)」機能を使い他のBluetoothヘッドフォンやイヤフォンに繋いでる状態です。
デメリットとしてはWiFI環境など2.4GHzが多い環境だとノイズが発生し音が割れてしまうなどがあります。

WiFIルーター次第では…。

Bluetoothと共存のできる設定があるようです。共存を無効ではなく有効またはpre-emptive(先制)などの機能を使うと解消するようです

JPT2に搭載されている機能

光デジタル端子

TX(送信)RX(受信)と共に2つ付いております。あくまで送信か受信かということでこの機械を中継として使うという感じには使えない模様です。AUXにくらべ音質の向上を上げることが出来ます。

AUX

3.5mmステレオケーブルを刺す場所です。光デジタルケーブルがなくとも送信したり受信したり出来ます。

TX(送信機能)

2台まで」他のBluetooth端末(受信)に電波を送信することが出来ます。

RX(受信機能)

2台まで」他のBluetooth端末から送信を受け取ることが出来ます。しかし片方が音がなっている場合は片方は聴くことが出来ません。 (Bluetooth 4.1特有の問題)

どのような人にオススメか?

テレビにイヤフォンを指して聴いている。PS4にAUX端子もなくて困ってるという方にオススメです。