Google Drive 加入してるけど iCloud Drive も申し込んじゃった。

Google Drive 100GBプラン使ってるけどもiCloud Driveも使っちゃう。
というのもメインPCはMacで家族のスマートフォンはみんなiPhoneとなると毎月400円払って少しでも家族に孝行を行ったほうが良くない?と思い、試しにと始めてみました。

バックアップ機能

初期のiCloud 5GBって割とケチ臭いですよねー。15GBくらいあれば少しは無料でも余裕持たせるものの5GBでは設定ファイルの保存くらいにしかならないでしょうか?とはいいつつ iPhone って画像のバックアップ機能はしっかりしてるので万が一落としちゃった!!水没させちゃった!!とかしてもしっかりとプランが入ってれば取り戻せるのがメリットデカイです。

Google にもそういう機能はあるけども、写真は勝手に戻らないっぽい?

自身のMacbook

メインはHazel ( https://www.noodlesoft.com )というお仕事のメイドさんを雇ってNASにデーターを保存してるのですけどもiCloudをメインにすれば、急なフリーズ!せっかく書いた記事がバックアップ出来てない(´;ω;`)という不安を無くせそうですね。

Google Drive

Google Drive は Google Driveで便利なんですもの。主に自身のイラストをNASと同期してリアルタイムで保存する。もしNASが壊れても大事なファイルはクラウドに残っている。そんな感じでシステムを組んだりしています。

YoutubeでRAIDで組んでいたけどもRAIDが失敗して8割故障した(残り1個のバックアップは生きていた)というのもありますし、HDDに2つ3つ保存していてもまとめて壊れることもある。というのを聞いてしまうと、長く残しておきたいものは別の箇所に大事においておくというのは必要なのかな?

最近のGoogle検索事情を含め Google Analytics 機能を停止しました。

Google Analytics を使っていたのですが、最近の広告非表示化ブラウザーやトラッキング拒否などのシステムを垣間見ると使っていても仕方ないと感じ、止めさせていただきました。とは言っても陰で動いているものなので実際は動いているか知ることも出来ないものですが描画速度UPを向上させた方が閲覧としてはいいのでそうしてます。

最近のGoogle検索事情

最近のGoogle検索トラッキングとしては「描画速度が速いサイト」「スマートフォンなどで崩れずに描画されるサイト」「更新速度が多い(情報として価値のある)サイト」などの情報が上位にくるようになりました。
Google Search General Guidelines (PDF)

描画速度が速いサイト

特に重要視されるのが「描画速度が速いサイト」で最近では3秒以上表示されないのはかなり遅いと評価されてGoogle Searchでの検索が後位になってしまう模様です。

計測Page : Google page Insight

パソコン

pageInsight_01

モバイル

pageInsight_02

理想は100ですが 90 ~ 100であれば「対策しているサイト」と認識してくれるので評価されやすくなります。それよりもラボデータ内の計測秒が遅くても2秒、速くて0.1秒にすることが目的になるでしょう。

スマートフォンに対応しているサイト

閲覧している7割はスマートフォンでの閲覧という結果がありました。パソコンに比べて誰でも持っている端末。調べたいことの安易性を考えるとパソコンで横広に表示されるのではなくスマートフォンでも見られるサイトを心得たほうがユーザーにも伝えやすい時代となりました。

「更新速度が多い(情報として価値のある)サイト」

Searchというのは大きな図書館にある本の内容を知るために導き人として教えてもらうものであり。膨大な情報の中から理想なものを探すものとしてデジタルの世界に要るもの。古い情報も古書として重要だが、アナログとは違いデジタルというのは古い情報よりも新しいものを優先して表示しなければならない「情報(news)」な時代になっています。現時点では「更新頻度が高く内容の濃いページ」というのは情報としても重要なものとして捉えられる模様です。

Google Analytics を止めた理由

商品を販売している施設や店舗などはむしろ使うべき Google Analytics ですが、自分のウェブは天真爛漫に自分の思うことを書き綴っているサイト。何が人気で何が不人気なのか知っても変わらないということで止めた理由です。

自己満足な日記を書く

日記というのは自己満足なぶん、その日の勢いに任せやすい。
とはいえ日数が経っていくと、なんでこんな文章を書いたんだろうと反省することもある。人生も取捨選択をして生きているに違いない。いらない日記は削除して要るものだけ残してしまおうというのが面白い日記なのだろうか。

とはいえ過去の偉人の日記には赤裸々な体験や話をつづっているものもある。失敗したことやら、偉人にしては普段どおりの生活日記など、読み手には必要にはならない情報だとしても日記として残している。

書き手が画く日記というのは「時代をえがく日記」として残すべきなのだと思う。それが自分だけのものだとしても後世には自分だけのものとは限らず、他者との共感を得るものとして必要なこともあるだろう。

言葉というのは海に書いた文字のように流されやすい。話題になったものだとしても時間が経てば消えゆくものである。ただしっかりと物に書いた字というのは風化せずに残っている。石碑のように百年・千年と言葉として残るものもある。言葉を残すということは存在していたという証明にもなるのではないだろうか。

それを踏まえて日記というのは、自分が思うことを伝えればよい。赤裸々な内容だとしても誰かしらツッコンでくれるかもしれない。言葉を刻むということが大切なのだろう。

[ ゆめにっき ] 血液が緑色な少女

季節風邪でしょうか。Youtubeの動画で面白おかしく笑っていたら喉を痛めて寝込んでいました。気をつけていても急に体調を崩しがちなので気をつけていたいです。

最近見た夢

血液が緑色な少女

生まれつき血液が緑色な少女。実は博士からつくられたアンドロイド。血液が緑葉体で出来ている。知識も未熟で人間的なことを覚えてくるや否や、博士に迷惑をかけてしまう。

口癖は「なんでワタシのここはミンナとは違うの?」

ゆめにっき

夢の中の日記。空想的な日記だけどもいつもの自分とは違う想いを綴る事のできる幸せなこと。怖かったり幸せだったり主人公目線だったり第三者視点だったり。自分とは違う異性で会話が進んだりもする面白い内容。

大体は忘れてしまうことが多いけども、しっかりしたストーリーは最初から最後まで覚えてたりもする。変わったヒラメキというのは夢の中で綴るということが多いのではないかな。

面白いこと

冬はなかなか小さな旅(小旅)にいけないので外出はご無沙汰気味でもあります。同じものをダラダラと続けるのが苦手なタイプの人間なので、趣向を変えたり違うものをチョイスしたりして幸せを得ることが多いです。最近で言えば横浜中華街で入ったこともない中華屋が美味しかったことでしょうか。四川麻婆豆腐がオススメみたいでしたが、お昼のランチタイムだったので今回は断念して普通の麻婆豆腐を選んでみましたが美味しかったです。

景徳鎮 http://www.keitokuchin.co.jp (動画が流れるので注意)

ブログのデザインを少しだけ手直し

マテリアルデザインって今でも流行ってるんですかね?
Webデザインの進化はすごく速いので新しいデザインにしても、直ぐに古びたデザインになってしまうのです。ただ自分のポリシー的に「自分が使いやすく多少でも見やすいデザイン」を心がけて作ってるので別に大掛かりに修正したりすることはないでしょう。

修正したところ

日付の表記


Post in 2019年2月4日という表記になっていましたけども、英語の部分要らないので消しました。結構スッキリして何日に書いたか分かりやすくなったと実感してます。

フッターの「new post」「older post」


日本語にして、どこを押せばいいのか分かりやすく背景を桃色に変更させていただきました。
これで少しは目立つようになったかな?

検討中

コメントからいただいた内容で「タイトルの下に投稿カテゴリーがほしい」という意見。実用性はあるのですが、デザイン的にはちょっと悩ましいのでどうしようか検討してます。(スマートフォンにもPCにも良い表現の仕方が思いつかないので)

とりあえずこんな感じです。久しぶりにブログ修正した気がします。(;・∀・)