趣味は「ゲームすること」と、答えることができるか

ゲームの試合に勝利して幸せを感じることはあるけども、幸せを感じるためにゲームをすることはあまり好ましくないよね。

スプラトゥーン

いろんなソーシャルゲームやネットゲームを嗜んでいるのですが「勝利した優越感」というのを得たいが為に時間を割いてプレーをしちゃう。すべてが自分の思い通りに行くわけでもなく、失敗したり負けることもある。それが八つ当たりやストレスの原因にも変わってしまう。ここでは諦められないとゲームを続けてしまうことは精神的にも時間的にもよろしくない。

ただ、続けることによって「実力」というのは増えてゆく。ゲームを嗜むことで壁だったものが超えられることができる。経験というのは実力と同意義であり遊び倒すというのも悪い意味ではない。言えることは「趣味はゲーム」ということにできるか、他の趣味や娯楽を捨てることができるかだと思う。

一般的な「釣り(フィッシング)や アウトドア」が「ゲーム」に置き換わっただけで他の趣味とはなんら変わりはない。ただ導入のしやすさ自宅で行動できてしまう楽な考えから、誰でもゲームにめり込んでしまう中毒性があるということ。次から次へと挑戦してしまう追求心があるからだ。

ゲーム以外にやりたい趣味があるならゲームをすることはあまりオススメはしない、他にすることがないならゲームをたっぷり追求すればいいのである。

ゲームをやめたい

自分は他にも趣味を持っている。「読書」本を読むことも趣味だ。
外で行動するアウトドアなものが趣味と捉えがちだが、そういうわけではなく家の中でゆっくりと行動するインドアなものも趣味である。机を作ったりするD.I.Yも、人にとっては趣味ということになりうる。

もともとあった自分の趣味を犠牲にして「ゲームをすること」というのは本当に良いことなのか。その場の「優越感」を得たいがために仕方なく遊んでいるのではないのか?私はそう思ってしまう。

趣味をすることの時間は有限である。

その時間をどのように割くかによって「実力」というのは蓄積されていく。RPGでいうスキルのようなもの。読書をすれば知識が増え、D.I.Yをすれば技能が増える。特化したスキルというものは人にも尊敬されやすいし、それも優越感として帰ってくる。コストをどのように調整するかによって他人とは違う存在になることができるのではないのか。

断捨離

ついついゲームに手を伸ばしてしまうのであれば、物理的に無くせばよい。すぐに起動できてしまう環境があるからこそゲームをするのであって不便な状況を作れば自ずと「面倒くさい」と思う心が出来てゲームをすることに楽しみを感じなくなるはずである。

私も優越感を得たいがためにスプラトゥーンを楽しむことに半日。いやまるごと一日とゲームをすることに廃人になってた時期があるが、ずっと続けているとどんどんと知識が薄れ頭がおかしくなってゆくように感じになり。自尊心的にもおかしくなりそうと思い、WiiUのコンセントを抜き、倉庫の目のつかない取りにくい場所において違うことに趣味を置こうと考えた。それが良かったのかプレーをすることもなく違うことに趣を置けたのである。

信じられないと思うが「目から遠ざける」だけでも意識の違いは変わる。つい眼の前にあるから遊びたくなってしまうのである。快感だけの為なら「断捨離」したほうがオススメだ。それが辞めたいのであれば尚更である。

ゲームをすることは

「ゲームをすることも趣味」である。言えるのは中毒性が高いということ。それを押しのけてまでゲームをしたいかは人それぞれ、趣味は考えて「やりたいことをやる」というのを意識して行動をしたほうが良いのかもしれない。

▼ こちらもどうぞ

勉強とボキャブラリー   仏教の説経やキリストの説教を踏まえて人生とは何か、迷える子羊の為に助言をさしあげるお坊さんや神父さんって凄いと思う。自分でも「困っている人を手助けをする」という精神は強いのだが、最後まで見守ってあげられるようなボキャブラリーを合わせておらずギクシャクとした気持ちになってしまうことが多い。「...
年末の反省点と今年の抱負 年末は最終日に滑って顎から転ぶという悲惨な日になりました。 去年のくじ運の結果が凶だったので、おそらく厄的なものが残っていたのですね。 それはそれとお正月は浅草の浅草寺にいってお参りしてきました。 くじの結果としては「吉」 なにしても良しな結果だったので、今年は怪我も風邪も何もない年にして健康体で...
無口とコミュ症と人見知り 「話し下手と文字を書くこと」- 黒姫のお絵かき帳 実は2年前に「話し下手と文字を書くこと」という記事で無口な人は何故無口なんだろう?という記事を書いていたのですが。最近、言葉を発せられない人の中にも「無口」と「コミュ症」と「人見知り」という分類が分けられてるみたいなので少し詳しく書いてみたいと思い...
モノを名前で覚える人とビジュアルで覚える人... 人やモノを「名前で覚える」ひとはそのまま「アリス」と答える。 人やモノを「ビジュアル」で覚える人は「可愛い服をきた金髪の女の子」と言う というのもひとつには記憶の結び方が左右している。 名前で覚える人は、余計な情報はいれずに特徴だけで覚える。 「この活発な子はアリスちゃん」と名前だけではなく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)