一度熱が出ると抑えきれない

そう一度熱ができると最後まで抑えきれずに最後まで続けてしまう。大半はゲーム(ソーシャルゲーム)なことが多いが、絵を描くにあたっても長々と作品を一ヶ月・一年かけて大作を作るよりもその日に出てきた感性で仕上げてしまうのが私の主なのかもしれません。なので銭湯や昔ながらの薪のお風呂のように一度冷めてしまうと加熱するまで時間がかかり、火がつき過ぎると作品熱が冷めるまで手をつけられないといった「銭湯(お風呂)体質」なのでしょう。言ってしまえば葛飾北斎のような性格だとは思ってはいますが、彼とは違う所は「食事、風呂以外は描く!」という中毒性であり、備長炭のように味のある熱を続けるには足りないといったところでしょうか。

ジャンキーホリック

ジャンキーホリックなその芸当に溺れるにはどうしたら良いのか?

褒められれば

人間というのは容易いもので褒められれば幸福に感じるドーパミンが出て、評価されずに不満に感じると「」が放出される。満腹時の幸福感やおもちゃを買ってもらえなかったときの絶望感などだ。なので「評価された」というのは一でも十でも自分が満足すれば次につなげたいと思う欲が出てくるのです。

特化したこと

誰にも出来ないような特化したこと。もしくは自分の世界観に浸れるような楽しい世界というのは「自分にしかできないこと」と捉えることができるので楽しいと思えることが出来て作品作りに楽しみを覚えることができるでしょう。なのでマイキャラを作るというのは自分の存在意義を投影するという意味になるのでオススメです。

他人の目に触れず

このブログのように見ているのかも解らない状態でどうしようもならないならば、いっそ他人に評価されるよりも自分の書きたいように書くということがホリックになる秘訣なのかもしれませんね。その代わり何度も見れて振り返られるようなことを続けていかなければ欲というのは薄れていって冷めやすくなるので適度なオイルは必要なのですが…。

自分から地団駄を踏んで消さないこと

自分から地団駄を踏んで灯火を消さなければ続けられるのです。ゲームだったりSNSを毎日続けられたりケーキバイキングや喫茶店に行く人だっている。毎日できればそれは趣味ですし趣味だからこそジャンキーになれる。中毒になれば楽しいことも実力が上がることもあるのですよね。火というのは燃えることは速くても点けるのは遅い。そういうことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)