三寒四温も過ぎ日中は暖かな時期になりました

家に居ても身体がぽかぽかとするような時期になりました。もう少しで端午の節句になろうとしております。最近の出来事としては前々からアンネさんで投稿している英語勉強とか、イラストの投稿など趣味への投資を主に頑張っています。趣味といえども努力すれば必然になりますから頑張りも大切です。

英語勉強法 stady English

人によって勉強法は様々ですが、まずは自分の思ったことをTwitterなどのソーシャルメディアにコメントすることをメインとしてます。その代わり縛りとして「I」や「You」のような自主語を使わないことや「however」などの接続詞をつかって文のような文章を作るように努力しております。

Dictionary

Oxford 現代英英辞典

英語を日本語で意味を理解してしまうと一々と日本語になおして訳してしまう癖がついてしまうので、まずは英語を英語で説明した意味を理解します。そうすると「make」なら「素材から(物)をつくる」という意味で料理などをメイクする。同じような意味として「Create」ならば「1から(物)をつくる」という意味でイラストなどをクリエイトするなどと、同じ日本語の「つくる」という意味にも別の解釈が出てくる。それを英語で想像できるようになると日本語と同じく言葉としてのボキャブラリーが身につくということです

https://www.obunsha.co.jp/product/detail/075300

The WISDOM Dictionary

三省堂からでている「ウィズダム英和辞典」を英和辞典としてチョイスしました。先程英英辞典で十分と言いましたが英英辞典でも理解できない単語などが出てくると永遠とループしてしまう(これはこれでOKだが時間がかかる)のですぐに理解するために購入させていただきました。例えば「sentence」という言葉。知らなければ「センテンス?」という感じでつまずくことがありますが、辞書で調べれば「文・文章」という意味として理解出来るわけです。当たり前ですね。先程のOxfordの英英辞典だと 「In written English sentences begin with a capital letter and end with a full stop/period」『英語で書くとき大文字からピリオドまでの部分を「文」といいます』という解釈になるのでどちらのチョイスが良いのかは時間と意味次第ですね。ないよりはあったほうがベストです。

http://wisdom.dual-d.net/ej4/

DeepLを使った勉強法

自分が考えた文章が本当にあっているのか、それとも違っているのかは他者に答えを求めなきゃ間違っているまま覚えてしまうので教師役として「DeepL」を使っています。使うとしても「英和」の翻訳だけで「和英」は使いませんよ?それだと学習になりません。例えば「英語を勉強するために努力は必要かもしれない」という文章があったとすると「May be (かもしれない) make efforts (努力する)need to study English(英語を勉強する必要)」 とパズルのように組み合わせて答え合わせするわけです。日本語が思うような言葉になれば文としてできたので、そのままTwitterなどで投稿することができますね。あとはよく使う「May be」や「need to」などの言葉を理解しておくと良いかもしれません。

https://www.deepl.com/translator

イラスト

流石に一日に1枚かくようなペースで書いてはないですが、しっかりと集中的に線をまとめて書いてます。最近では昨晩投稿した 「Bonny lass Schall ~ 可憐なお姉ちゃんシャル ~」 などが自分ながらよくできた作品でして満足しております。最近購入したものといえば「TABMATE」 ペンタブの「進む」「戻る」を握りこぶしで操作が出来るものであり上の作品でも使わせていただきました!初夏頃には数作品はできたら良いなと願っていおりノンビリと作品を制作していきたいと思います。

I feel light when carried up heavy things.

I feel light one day when carried up heavy things yesterday.

I carried up heavy soil. To maker flowers garden. I need to ride soil package on arms. From there drop out soil into garden. It’s hard work very tired me. However growing beautiful flowers must do it.

Between two days to three have muscle pain. But the good news is feeling light carrying up heavy things. If keep on this cycle increased on muscle.

Be beautiful flowers and changed by beautiful body.

I want to keep on write English Diary.

I want to writing as “Diary of Praying Anne’s” by this word-press.
For example I couldn’t be writing story in case of Japanese though funny by English. Next by study English vocabulary and syntax. Use here for. English is very hard by Japanese, however I don’t give up the study.

ゴッホ展と2月の目標

最近の飲食店20時閉店で困っているアンネさんです。感染防止対策で早めに閉じるのは評価が高いのですが飲食店以外も保証してくれると助かるのになと思っていたりしています。

最近のことを話しますと徐々に行動を辞めたり初めたりしています。流石に直ぐに行動には移せなかったですね。正月は「毎日描くとか」呟いていましたっけ、描くことに精神を統一しようするとその反動ですぐに眠くなってしまうのですよ。良くも悪くもスタミナが足りませんね。しかし少しでも向上するべく東急ハンズで木製シャーペン「S20」を買ったり描いたものを挟むためのコクヨのファイルを購入したりして作業環境を少しでも楽しくしようとしてます。そういえばPCのメモリーを32GB増強したのも今年に入ってからでしたね。

ゴッホ展

どうやら秋口に 「東京都美術館」でゴッホ展 が開催されるようです。もともと作家としてのゴッホが好きだったのですが、Fate Groud Order (FGO)で実装(ゲーム自体では女性キャラ)のゴッホちゃんとして更に作品が好きになり本音を言うと「ひまわり」か「星月夜」のファイルや下敷きがほしいなぁと思い、東京で開催してくれるのは大変嬉しい限りです。

FGO ゴッホちゃんサンプル

blank

2月の目標

とあるフォロワーさんが占いなどが好きで自分の「九紫火星」を占ってくれたら、行動するなら「2月」からと意見をいただいたので、もしかしたら頑張れば「変化の月」になりそうな期間となりそうです。無理をするとついつい体調を崩しやすいので少しずつ土台を固めて行動をしていきたいですね。例えば雑でもいいから背景を追加して情景を映し出してみるとか?だとキャラも映えますし背景描写の練習にもなるかも。

唐辛子と正月リズム

本音を言えば今年の初めは露天の唐辛子販売するところ 「やげん堀」 でオリジナルな唐辛子を買う予定だったのですが、東京都も外出を自粛しましょうと言われているので家でまったりしなきゃダメそうですね。浅草に行ける暇があったときでも訪れてみたいです。

話は変わって「暇ペン」シリーズ、正月の生活リズムは崩れやすく外気の冷気で目が冷たくなってしまってついつい目が冷めてしまうことが多いのです。実際は冬よりも夏のほうがぐっすりと眠っていることが多い気がします。それで正月、目が冷めってしまったので今まで描いたラフ絵の一部「アンネさん」を消化しました。

きらきら*アンネhttps://opheliapm.com/media/html/hanne_3.php

自分の理想通りに塗ることができました。ラフと違うところは手を光らせて神々しく見せる技術(ハイライト)とかを使ってみたことでしょうか。髪をおろしたアンネさんを描くのもこの作品が初めてだったりします。長さはだいたい腰のあたりのストレートな髪型ですね、自分のオリジナルなシスターなので愛らしく感じます。

それはそれで、アンネさんシリーズのストックが無くなってしまったのでぼちぼちといいアイデアが見つかったら描いていきます。それよりも同オリジナルタイトル「うさぎ国」も進めていきたいですね。そろそろ名前だけはある新規キャラのデザインをしてもいい頃でしょうし一つの目標になりそうです。

2021年 あけましておめでとうございます

これを書いているときは2020年12月31日の大晦日ですけどね。去年の反省と今年の抱負をつぶやいていきます。

2020年の反省

去年の反省は「暇と感じたらすぐにPS4」という感じで仕事以外はゲーム三昧になってしまったことでしょうか。遊ぶことはいいことでしょうが、ゲームすることで実生活が幸せになるか将来を見込めるかと言われると一流のゲーマーでは無ければ「NO」 楽しいことを求めようとしてしまって1年を無駄にしてしまった感が否めない気がします。
もともと負けず嫌いで理想を追求してしまう性格でして、一つのものを集中すると辞められないのが長所でもあり短所。得意なことは増えたものの、自身の欲求にしかならず他の趣味「クリエイト」に結びつかないのが「ゲームすること」でした。

ゲームをしないこと

反省を踏まえて準備はしており。至る2021年ではソーシャルゲームや動画を見ることを除いて断捨離を行うことにしました。ゲームするのは12月31日までですね。なぜ「ゲームしてしまうのか」というと「暇と感じること」と「眼の前にコントローラーがあるから起動してしまう」ということ。その2つが合わさって「暇だから…ゲーム」の意識になってしまうのだと思っております。

ならば根本的なものを面倒くさくしてしまおう。目につくものを取り消してしまおうという意識に変えれば人間というのは余程のことがない限り辞めることができるのです。家庭用ゲームならばすべてバラバラにして1からコンセントを刺さなければならない映像ケーブルをモニターにセット。ネットを差し込むなどの行動を起こせば、ゲームすることに対して面倒くさみを感じてしまう。他のことをしていたほうが有益だと意識が変わるでしょう。なぜそんなことを言えるのかというと、実は3年前もスプラトゥーンのやりすぎで1年間を無駄にしたこともあり「モノを遠ざける」ことをして成功したので紹介させていただきました。

根本的なことは「ゲームしない」ということですね。「ソーシャルゲーム」が許されるのは一日にできる回数制限がある。「動画」は聴くことだけなら単調な作業の阻害を緩和させることができる点です。

2020年で良かったこと

意識を変えた12月初旬のころでしょうか。昔の作品を「カラー化」しようと目標を立てたころから変わり始めました。
なぜ意識を変え始めたのか?それは2021年が三十路「30才」の年なので自分のやりたいことに目標をもつということ。子供っぽい「甘え」を大人の「強み」に変えていこうと思い始めたことが変わるきっかけでした。
しかし積み木と同じで丸いものに四角いブロックは乗っからず、今までの四角いこと(ラフ絵による絵の練習)を続けてもバランスは良いが面白みのないものになってしまう。面白いことをするには丸みのある積み木が必要だということで、それならば「今まで描いてきた評価のよい(自分で満足している)作品に色を塗ればいいのでは?」と考えを改めたのが2020年で良かったことです。
流石に趣味とは別に仕事もしてるので体力のあるときに「色を塗る」作業を行ったこともありゆるいスタートになってしまいましたが、12月だけでも3枚のカラーを塗ることができ自分の中では向上したと思える出来事でした。

2021年の抱負

何度も言っている「昔の作品のカラー絵」が一つの目標。もう一つは「暇と感じたらペンを持つ」ペンタブでもいい。そう意識を変えていこうということです。なんら難しくないでしょう。やればできることから始めればできるんですから。

カラー絵

現時点のストックとしてどうしても塗りたいものは3作品。それが終わったら今年のようにラフ絵を描いていけばいいこと、ただ去年と違うことはラフ絵ばっかりかくことではなくカラーを仕上げてからの1作品を作っていきます。

暇になったらペン

通称 暇ペン BEMANIのひまぱんみたいな愛称ですね。「暇になったらゲーム」ができるならば「暇になったらペンをもつ」のもできるはずだということで意識改革をしてみます。これだけはどこまで持たせることができるのかは未知数なので、去年よりは持つ回数を増やしたいですね。

今年もよろしくおねがいします。

一時期のフォロー祭もあり、同じような趣味の方々に沢山の感想やお気に入りをいただき大変喜ばしい向上心を得ることができたことに感謝の意をお伝えさせていただきます。去年よりも「かわいいカラー絵」をモットーにあわよくば「絵本のようなストーリ」のある作品が作れれば本願です。世の中は色々と騒がしくて大変ですが安定した1年になればと願っております。