10年間続けてきたSNSを辞めました

10年間続けてきたSNS(Twitter)を昨日付で辞めてきました。というのも自分自身が周りの話題に乗れなかったり、必要じゃない情報やエセやパクリな情報が永遠に流れてきて、間違った情報に考えを左右されやすいのではと思い、綺麗サッパリ消しました。10年前とはいえ高校時代から続けていたtwitterなのですが、そのなかでも会話をし協調できることに楽しみを持てていた気がします。それからと様々な方とお話したいと想いながら続けていたのですが、それとは裏腹に「趣味の違い」だったり「趣向の違い」で見せたいものが違ったり、会話にならなかったりと考えてる方向性とは違う状況になってしまったので辞めるに至った訳です。

何度か躊躇したことはある

アカウントを消すにあたって今までの仲が良かった方と喋ることができなくなる。自分の築き上げてきた価値(イラスト)はどうなるのだろうと考えたりして、なかなか踏み切ることが出来ませんでした。時によっては複アカなどを使って世界観を変えてみようかと挑戦してみましたが見える世界は同じようなもの。やることも2つに増えたりして面倒くさいだけということだったので仕方なくいつものアカウントで呟いていた訳です。

会話のネタに自分はどう思われているのだろうかと自虐ネタやアンケートを使ったりすることで好奇心を感じてた訳ですが、それで会話することも興味を持ってくれることもあらず、自分自身の行動に嫌悪感を抱くことになりましてすべて無かったことしようと躊躇もなく消しました。

SNSをしなくなることでの辛み

共有することによる楽しみがなくなるので食事したときのオススメな写真や投稿が出来なくなることに辛さを感じることがあります。他のGoogle+とかに投稿すればよいという事もありますが、あちらも4月に閉鎖する予定みたいなので事実上なにもやることがなくなってしまうことになります。

ただSNSをしなくなったことによる時間の楽しみも出来たので、時間をかけて何ができるのだろうかと考え直してみたいと思っております。

新しいものを発見した際には

自分が目標にしていた「日記にして残す」ということができそうなので主に新しい話題とか頑張ってることがある際にはコチラのブログに投稿していきたいと思っております。「SNSに投稿する」というのは様々な人々に拡散することに長けてて便利でしたが「ログを取る」ことにデメリットを感じていたので良い移り変わりになるのではないかと思っております。

最後に

今までフォローしてくれた方。挨拶してくれた方。ありがとうございました様々な会話できて楽しかったです。別の要素で何か会話できればご一緒できればと思ってます。