イラストブログを統合しようとしてた。それとイヤフォン・ヘッドフォン雑談

半年前に考えながらと模索はしていたもののついつい忘れてしまって、あれ…何をするんだっけと思いながら半年ついさっき思い出しました。ここの「てまりうた」に最近描いたイラストを掲載しようと。

神楽ちゃん


最近描いたものといえばポップンミュージックの神楽ちゃん。最近お気に入りのキャラです。
巫女衣装って好きなんですよね。神聖的でなおかつ日本らしさが映るというか。

最近の日常

音声ログ・音声メモ

特に変わったことはないですが、SHUREのSM57を購入して音声ログ・音声メモを始めてみました。音声ログは勝手にGoogle Driveにアップロードして後で忘れたときに聞き直すだけのものですが、最近凄いと思ったのは「音声メモ」GoogleやMacで搭載している機能(Fnキー2回)で手でキーボードを打たずに文字入力するというもの。手で入力するよりも速くて自分の思っていることを入力できるので本当におすすめです。

SHUREのSM57まで購入して入力する必要性もないですが、Macbookに搭載している標準機能よりも感知度が高いのでそうしています。(1)SM57-LCEはアメリカの大統領の演説でも使われるダイナミックマイク

新しいイヤフォン・ヘッドフォンが欲しい

汎用性が高くて業務用としても使いやすいイヤフォン(IE60)・ヘッドフォン(MDR-CD900ST)は持っているのですが、もう一つの上のカテゴリーを求めたい違いを知っているから持っていたいという気持ちが高まるもの。

IE80S

ゼンハイザーから出ているイヤフォン。IE80S

持っているIE60とは似ていて相反するもの。ゼンハイザーのイヤフォンの中でも音の解像度が良くてモニターイヤフォンの聞き疲れというのはなく個人の中でも欲しいイヤフォンの一つです。正味 35000円

MDR-M1ST

Sonyの次期モニターヘッドホンとして今年8月に一般販売されたモニターヘッドフォン。音楽スタジオ・作曲者から愛されているMDR-900STとは違う趣向として登場しました。900STは全ての音が鮮明かつフラット(尖りのない音)なので音を作るときに基本のヘッドフォンとして使われてきました。ただ出たのが平成元年(1989年) 30年も経てば音楽も変わりゆったりしたものから速いもの。原音からシンセサイザーを通したテクニカルな音へと変化していき高音域を生かした音楽へと変わっていく。そういうものです。

その中から次の音へと変化させていくべくMDR-M1STというヘッドフォンが登場しました。購入できていなく販売所での視聴での意見ですが。鮮明さをモットーとしているMDR-CD900STとは違い。音の相対感を重視しているヘッドフォンだと思います。

例えるならMDR-CD900STはレコーディングスタジオで聞こえてくるのを調整して音をつくる(単音から集音) MDR-M1STはみんなでキャプチャー(演奏)した音楽をまとめてレコーディングする(集音したものを調節)雰囲気がします。なので、一つ一つの音を知りたいという人は不向きなヘッドフォンですが、音としては自分の中では最高峰なので購入したい一品であります。

最後に

一時期は新しいスマートフォンが欲しい。ネットワークをしっかりしたいと思っていてイヤフォン・ヘッドフォンを購入しなかった時期がありましたが、最近は手に届きそうなので欲しいと思ってしまうイヤフォン・ヘッドフォンがいっぱい出てきしまって購入欲が抑えきれないのです。クリエイターには仕方ない心情なのかもしれませんね。

   [ + ]

1. SM57-LCEはアメリカの大統領の演説でも使われるダイナミックマイク

Google Drive 加入してるけど iCloud Drive も申し込んじゃった

Google Drive 100GBプラン使ってるけどもiCloud Driveも使っちゃう。
というのもメインPCはMacで家族のスマートフォンはみんなiPhoneとなると毎月400円払って少しでも家族に孝行を行ったほうが良くない?と思い、試しにと始めてみました。

バックアップ機能

初期のiCloud 5GBって割とケチ臭いですよねー。15GBくらいあれば少しは無料でも余裕持たせるものの5GBでは設定ファイルの保存くらいにしかならないでしょうか?とはいいつつ iPhone って画像のバックアップ機能はしっかりしてるので万が一落としちゃった!!水没させちゃった!!とかしてもしっかりとプランが入ってれば取り戻せるのがメリットデカイです。

Google にもそういう機能はあるけども、写真は勝手に戻らないっぽい?

自身のMacbook

メインはHazel ( https://www.noodlesoft.com )というお仕事のメイドさんを雇ってNASにデーターを保存してるのですけどもiCloudをメインにすれば、急なフリーズ!せっかく書いた記事がバックアップ出来てない(´;ω;`)という不安を無くせそうですね。

Google Drive

Google Drive は Google Driveで便利なんですもの。主に自身のイラストをNASと同期してリアルタイムで保存する。もしNASが壊れても大事なファイルはクラウドに残っている。そんな感じでシステムを組んだりしています。

YoutubeでRAIDで組んでいたけどもRAIDが失敗して8割故障した(残り1個のバックアップは生きていた)というのもありますし、HDDに2つ3つ保存していてもまとめて壊れることもある。というのを聞いてしまうと、長く残しておきたいものは別の箇所に大事においておくというのは必要なのかな?

[ ゆめにっき ] 血液が緑色な少女

季節風邪でしょうか。Youtubeの動画で面白おかしく笑っていたら喉を痛めて寝込んでいました。気をつけていても急に体調を崩しがちなので気をつけていたいです。

最近見た夢

血液が緑色な少女

生まれつき血液が緑色な少女。実は博士からつくられたアンドロイド。血液が緑葉体で出来ている。知識も未熟で人間的なことを覚えてくるや否や、博士に迷惑をかけてしまう。

口癖は「なんでワタシのここはミンナとは違うの?」

ゆめにっき

夢の中の日記。空想的な日記だけどもいつもの自分とは違う想いを綴る事のできる幸せなこと。怖かったり幸せだったり主人公目線だったり第三者視点だったり。自分とは違う異性で会話が進んだりもする面白い内容。

大体は忘れてしまうことが多いけども、しっかりしたストーリーは最初から最後まで覚えてたりもする。変わったヒラメキというのは夢の中で綴るということが多いのではないかな。

面白いこと

冬はなかなか小さな旅(小旅)にいけないので外出はご無沙汰気味でもあります。同じものをダラダラと続けるのが苦手なタイプの人間なので、趣向を変えたり違うものをチョイスしたりして幸せを得ることが多いです。最近で言えば横浜中華街で入ったこともない中華屋が美味しかったことでしょうか。四川麻婆豆腐がオススメみたいでしたが、お昼のランチタイムだったので今回は断念して普通の麻婆豆腐を選んでみましたが美味しかったです。

景徳鎮 http://www.keitokuchin.co.jp (動画が流れるので注意)

断捨離と完成させるものに対する意識

必要な要素と必要じゃない要素を並べて断捨離してるところです。

過去の記事

過去の記事を見てると、その時は思ったことを述べていたけども内容としては面白くないし今の自分にとっては必要のないものだったりします。誰かに響いているのであれば投稿を消すことを諦めることもありますが、大体呟いていることは自己意識だけなので、ぽいっとゴミ箱に捨ててしまうものです。

捨てること

前の記事もアカウントを捨てたような内容を呟いてました。こちらは気持ち的な問題でしたが20日間くらい経ってスッキリしました。捨てることに躊躇するのは「無くなってしまう」損失感からうまれるものであり、一回離れてしまうと続けたくなくなるというもの。昔に書いた記事も評価がなければ捨ててしまいます。

悪いところ

色々断捨離していると「文章も書きたくない」「イラストも描くのもいいや」と「怠慢」になっているような気がします。コレは悪いサイクルです。「見せなきゃいけないもの」という意識がなくなったので時間を獲た代わりに「描かなくてもいいや」という意識になってしまっているのかと…。

考えられる対処

「時間」はあるので「ラフ(下書き)」でアップロード(見せる)のではなく、色を塗ってしっかりと「完成」して、そこから見せるような意識に変えれば充分変わってくると考えております。

長年、下書きの時点で評価してほしいからSNSなどに描いたよ!とアップロードしては撃沈していたので完成したものを見てほしいという気持ちを高めるためにもしっかりと頑張っていきたいものですね…。

新しい記事

新しい記事に対することとすれば「堅苦しい表現」は使わないということでしょうかね。割と伝えたいことを真面目に書いちゃうと表現が堅くなったり、教授みたいな言い回しをしちゃうので、なるべく読み手にも読みやすい。子供でも読めるような文章を心がけて行きたいと思っております。いわゆる今回の記事のような言い回しでしょうか?

日常的なこと

結構書こうか悩んでます。せっかくのブログ(日記)ですのでライフログ的なことも呟いてもいいと思っておりますがどうなんでしょうか?自己評論的なことをつぶやいてると。日常的な記事というのは必要なのかなと思って書くのをためらうこともあるのですが…。コレを気に気になったものは書くというのもいいかもしれませんね。

楽しくやってます。

ブログも変わりのSNS(Google+)もそれ程投稿してないので鬱になってるんじゃないか?と心配してくれる方もいらっしゃいますが、それとは真逆で元気にやっております・ω・

韓国料理 韓美膳

今までしなかったオシャレな料理を写真を撮ってメモを残すようなこともしてますし、その点では「今まで見えなかった新しいもの」に挑戦できてる気がしますね。まだまだ意識からは拭えてないですが自分の求めるものがゲットできればいいですね。

ことばの積み木

文豪のエッセイのように1日400文字くらいで綴れれば良いとは思うのですが、なかなかそういうわけにはいかず、ものを書かずに一日を過ぎてしまうということに哀愁を感じます。

普段の生活をおもしろおかしく書いたり、描写的に書くというのは理解ってても難しいことです。大体の人は自分にあったことをそのまま表現してしまうので実際での読み手からしたらモヤモヤした状態で話が進んで、どの言葉が強調されているのか判らずに新たな言葉が登場してゆく自分だけの文章になってゆくのです。

言ってしまえば「積み木」のようなもの。四角のような角ばった表現があれば三角のように尖った表現もある。丸のような柔らかい表現は優しいイメージはあるかもしれないけど三角や四角などを使うときにはどうしても隙間が出来てしまう。その隙間がモヤモヤした表現があるということ

もやもやした表現をどうしたら解消できるのかというと、角っこが丸くなっているような積み木。変わった表現をしてみるのが文章に味を持たせることができるポイントだと思います。

例えば「積み木でお城」を作ろうとするとき「とある某国、1800年続いた歴史のあるこの由緒あるこのお城に存続の危機が生まれた…」と角ばった表現もあれば「死闘の末、守ってきたが防衛は崩れ痛々しい傷が増えてく一方…」のような心にのこるような尖った表現。「BABY、それは赤ちゃん。今まで築いてきた文明を壊す無邪気な存在、何でもかんでも壊しちゃう」のような柔らかい表現にアクセントを加えた言葉などを組み合わせることによって面白みを伝えることができます。

とは言っても文章をうまく構築していくのは難しいので積み木のように「機関車作りたい」「お城をつくりたい」「動物園にしたい」などと伝えたいことを最初に決めておくのが上手になる言葉のエッセンスだと思います。