日記とゆめにっき

レビューや広告塔、まとめサイト以外で「日記」を使っている人は少ない。

人間というのは「楽してお金を集めたい」か「人気になりたい」のどちらかに偏ってるからである。とは言っても自己にあったことを話しているブログというのはアイドルや芸能人、一般に触れられない人物というくらいしか人気がない。一般人が呟いても過去をふり返るための日記帳としての役目ぐらいしかないのである。

ただブログというのは、アナログな日記帳よりも修正が利きやすいし、言葉を紡ぐのが楽なので、私はブログという立場は好きであり一部の人が共感・手助けになってればよいくらいの気持ちで書いている。

ゆめにっき

ねむねむ

そういえばそういうタイトルのゲームがありましたっけ、今日はそのゲームのことではなく「ゆめで覚えてることを日記にする」ゆめにっきということを呟いてみたいと思います。

夢というのは不思議で「終始憶えてること」と「起きたら忘れてる」の2つがありますよね。終始憶えてるのはいつに経っても遭ったような記憶で憶えており、起きたら忘れているのは気にならずそのまま、夢をみたけど何だっけ?ということが多いです。

とはいいつつ夢に登場する時って客観的なことが多く、他人からみた自分自身だけども他人じゃなくて、これは自分だなという不思議な感覚を得ることができます。ただ性別が違ったり昔の自分だったりするのが、ゆめの面白いところでありIFストーリとして楽しめますよね。

ところで、ゆめをメモるというと自分の世界観が解らなくなる。本当かウソか判断できなくなる。メモを取ろう取ろうとして寝てる時にも伝達してしまってレム睡眠にならず眠れないというデメリットがつきものであるといいます。

自分の世界観

いわゆるメルヘンやファンタジーといった。一般人とは違う雰囲気を醸し出す現象、酷く言えば頭がお花畑な状態とも言ったほうが良いだろうか、別にこの世界観が悪いわけではないし自分自身も妄想を膨らませられるような世界観を持っている。童話作家(アンデルセンやルイス・キャロル)なども、もしこのような世界観があったら楽しいんだろうなということ、ただこういう脳を持ってる人というのは特殊であり一般人が挑むと精神が狂って鬱になってしまう事例もあるから、夢というのは脳の整理の過程で生まれるというもの。昔あったこととか最近のこと、そして妄想したものを取捨選択(お掃除)しているときに実際に行動しているように見せているものであるから、メモを取ってしまうと「昔のこと、今のこと、妄想」が変に紐付いてしまい真偽を判断できなくなるのでしょう。

見た夢を偽り(別の世界線(パラレルワールド)と思えば、自然だけども不自然な世界。現実世界とは程遠いけども記憶の片隅にあるもの。という気持ちでいられるのだと思います。

ゆめは残すべきか残さないべきか

楽しい夢。自分が活躍した夢。実はこういう性格だったのではないかと秘めている夢であれば残しても良いのではないかと推測してみます。

自分はこういう性格だった

ゆめの中での自分。自分であろうものというのは生活してて表面として出てこないもの、もしくは子どもの時とは違う性格だったIFの世界の自分があらわれたものであり、それは別の人格が居るって言うことです。実生活は大人しいけども夢の中ではスポーツをしたり登山をしているなどと経験したことないけどもその遊びをしているということは「実はそうしたい」という気持ちの現れなのでは無いでしょうか?

全て夢を残さなくても楽しかったことは断片的にも残しておくと面白いかもしれませんね。

見返して嫌悪を感じるようであれば削除すればいいのですから。

年末の反省点と今年の抱負

年末は最終日に滑って顎から転ぶという悲惨な日になりました。
去年のくじ運の結果が凶だったので、おそらく厄的なものが残っていたのですね。

それはそれとお正月は浅草の浅草寺にいってお参りしてきました。
くじの結果としては「吉」 なにしても良しな結果だったので、今年は怪我も風邪も何もない年にして健康体でいたいものです。

去年の反省点

遠くに旅行するような行動はしませんでした。新しい発見をする点では美術館に行ったり寺院で仏像をみたりとボキャブラリー向上に励んでたようです。イラストとしてのかき心地としてはほとんど描いていなく。休暇な時期でした。描いた母数は少ないですが、それでも色をしっかり塗ったりとしていて塗りも自分の画風を維持し模索できた年でもありました。

今年の抱負

今年の抱負としてはイラストとしてはなく「動的な表現をする」「一枚の中にストーリー性を生み出すような書き方」を出来るようにと考えております。いわゆる漫画とか4コマ、絵本ならば道中のストーリー仕立てでしょうね。上達できればそろそろイベントなどに参加して自分の作品を売っていきたいと願っております。

行動力

今年は脚を伸ばし気になるものを探っていきたいですね(ㆁωㆁ*)
最近マイブームなのは「科学」と「動物」だったりします。とある科学の超電磁砲じゃないですが何か科学ブーストな作品が作れると面白そうですね。もくもくとかどっかんとかサイエンスにしかないものを追求出来ればと思います。

絵を描いてて楽しいことつらいこと

最近はラフという下絵と言う状況でイラストを描いて満足している。
というのも「楽しい」というところで止めてしまって「つらい」という作業までしていないのが要因である。色を塗るという作業は思うよりも大変で例えるならイライラ棒を挑戦してるような感じである。

ラフ

紙に鉛筆で描くとする。この時は「どう可愛くしよう」と想像するように描いており自分が思う仕草や格好ができると「楽しい」という気持ちになり満足する。

線画

ここから重要な線を抽出する。
黒い線をなぞるようにペンタブで線を作っていく。感じで言えばイライラ棒のような集中力のいる作業。

色塗り(着色)

ある程度線画がシッカリしていれば塗ることはそれ程、苦ではない作業。
イラストの見栄えがしっかりする重要なことである。
半日で出来るものがあれば、背景をしっかりすれば1週間かかることも。

今後の気持ち

上手くできれば色をぬることも楽しい。ただ時間と評価を考えると新しいものを描いてた方がすぐに終えて楽に感じる。どこに努力を置くかによって上達は変わってくるし頑張りたいと思う。

あじさい

二分咲き紫陽花

紫陽花は全体的に咲いていない2分咲のころのほうが好きです。よく見ると四枚葉なのですね、多く咲いてると雑に描いてしまうので勉強になります。

スカイツリーと紫陽花

様々なあじさいとスカイツリーが映る場所で撮ってます。先週買ったZenFone 3 MAX を使いながら撮影してみました。撮る時に意識してるのは黄金比を使ってます。流石に寸表を持っていくのは大変なので感覚で覚えてますけども。やっぱり写真でも見栄えが写りますね。

ウォルト・ディズニー展で学んだこと

日本未来科学館で開催しているディズニー・アート展に行ってきました。


http://www.miraikan.jst.go.jp

ウォルト・ディズニー社で働いているイラストレーターさんの原画や背景などを見ているとしっかり描いている反面。スケッチ絵が原型がないくらいあっさりとしている人もいて勉強になりました。ただデッサン力は素晴らしく、マグマの気泡をインクを沸騰した釜で用いたりしていて、流体なのにしっかりと書き込みをしつつ、その気泡が崩壊する時間までストップウォッチを用いて不自然の無いようにアニメーションをつくるという巧みさに惹かれました。

勉強になったこと

今回勉強になったことと言えば「作品を継続してつくるという気持ち」と「しっかり書き込むところは書き込む」という点でしょうか。割りと満足したところで終わってしまうのが自分自身の欠点でありつくづくとダメだなと感じでおります。今回のようにアニメーションという面白さを見てきて、モノを動かして動画作品にするということもデッサン力が上がるひとつかもしれませんね。