言霊と自分の伝えたいこと。

記事を多く書いたり惹かれるようなタイトルを書かないのでこのブログの流入数は1記事で20人程度(ほぼソーシャルメディア)です。コンテンツを絞っていない日記なので、この程度でしょう。

だいたい1記事を書くのに1時間はかかってしまいます。
自分の話したい言葉を考えながら感覚で書いて入力していき、同じような言い回しを使わないようにしたり、語尾が著しく変わっていないか確認したりと添削するのでソーシャルメディアの投稿のように直ぐに内容を書けるというのは難しいです。

ブログで何を伝えるべきか

ブログを書こうとしてやっぱり書かずに置いておこう。書いたけども単なる面白みのないことを綴っている内容が沢山ある。大体は近々で起こったこととか愚痴のような好評や批評などと語ってはいるが、書いてて楽しくない嫌悪感を抱いてしまってだるくなってしまうことが多々あります。

好評や批評・レビューというのはユーザーを引き寄せるには良いものですが、好転的な意見・悪化するような内容一個一個に敏感になってしまい精神的にも影響を受けてしまうということが最近わかりました。

言葉は言霊になりやすいというのはこういうことなんでしょうね。

自分の追い求めるもの

自分が追い求めるものとしては、自分の世界観を言葉やイラストで共有したい、小さなことだけども誰かの手助けになれば良いという意識を続けています。楽しいことは楽しい。辛いことはつらい。と言いたくなるような子どものような世界です。

ただ、ファンタジーな世界観を隅から隅まで綴るというのは難しいものでしょうし曖昧な設定だと前半良くても後半がふわふわして足がついてない状態で完結と後味の悪いストーリになってしまいます。だから自分の世界を語れる人というのは誇らしいと思ってます。

そんな人間になりたいかと言うとなりたいですし一総として制作したい気持ちはあります。ですが自分に足りないものとして、「終始をつくるのは上手いものの、中身がスッカスカ」な肉付きのない骨の基礎建築ということが問題です。話は面白いのに結果を早々と伝えたくなってしまい内容としては意味のわからないストーリになっている。途中で話の論点が変わりやすいことが欠点でしょうか。

次につなげたいこと

だれが閲覧するかわからないけども自分の妄想を言葉にしてストーリにしてみるのもよい試みかもしれませんね。この記事を書くまではなにか書いてよいものだろうかと突っかかった気持ちがありましたがスッキリしました。

自分が思ってる言霊。言えないことを言ってみるといいかもしれません。

絵を描いてて楽しいことつらいこと

最近はラフという下絵と言う状況でイラストを描いて満足している。
というのも「楽しい」というところで止めてしまって「つらい」という作業までしていないのが要因である。色を塗るという作業は思うよりも大変で例えるならイライラ棒を挑戦してるような感じである。

ラフ

紙に鉛筆で描くとする。この時は「どう可愛くしよう」と想像するように描いており自分が思う仕草や格好ができると「楽しい」という気持ちになり満足する。

線画

ここから重要な線を抽出する。
黒い線をなぞるようにペンタブで線を作っていく。感じで言えばイライラ棒のような集中力のいる作業。

色塗り(着色)

ある程度線画がシッカリしていれば塗ることはそれ程、苦ではない作業。
イラストの見栄えがしっかりする重要なことである。
半日で出来るものがあれば、背景をしっかりすれば1週間かかることも。

今後の気持ち

上手くできれば色をぬることも楽しい。ただ時間と評価を考えると新しいものを描いてた方がすぐに終えて楽に感じる。どこに努力を置くかによって上達は変わってくるし頑張りたいと思う。

徒然日和 – モノを継続する力

つれづれ(何もすることもなく退屈なこと)と びより(何かをするのに良い天気)
実は反意語な意味なのですね。検索するとブログタイトルが徒然日和してる人が多くて面白いです。

継続すること

実力を上げるのに継続することって大切です。
私が諦めずに継続していることは音楽ゲームのポップンミュージック
ペースとしては週2〜3に1時間遊ぶくらいですが続けてきたおかげで、腕前は一般の人よりも上手なくらい。流石に毎日近く遊んでたりしてる人には負けますが、継続していて良かったなと誇らしく思っております。

継続する上で解ったこと

数日なら休憩しても大丈夫

継続をする上でわかったことは「一日・二日」はサボってもそれほど影響はしない
実力が下がるから毎日継続しろと言われますが「一日・二日」とサボっても問題ないと思います。それよりも体調や睡眠をしっかりしないと好調子になりにくいです。

一週間・一ヶ月と手を休めるのは諦めてると同じなのでダメですけどね。

同じことを繰り返さない

2つめは「同じものを何度も繰り返さない」ということ、つい同じような方法や意識で継続しがちですが実際は非効率的です。最終的には何度も練習を重ね、目標をクリアすることは可能ですが、同じものを繰り返した時間を、似ているけども他の方法や意識に変えるだけで、一つの目標だけではなく次なる目標までも定めることができる。そう感じております。

ネガティブに考えちゃいけない

「ライバルは上手なのに自分はちっとも成長しない」

学生だった時はいつも頭のなかでネガティブに考えていました。成長しない理由として何がダメなんだろうと考えた時に「ライバルにはライバルなりの実力がある。でも自分にはライバルに優れるポイントがある」という考えに意識しなおしたらモノを継続するということ、優れるポイントを更に極めていくことの楽しみを感じることができました。

継続する上で何が大切?

楽しみをもつこと、一週間に何度も触ってもキモチが苦しく感じないこと。
たまには気分を変えて色んなことにも挑戦することが大切だと思います。

評価 = 継続 と考えがちですがそんな考えは捨ててください。自分が楽しく思える状態を作れば自然と継続は力として生まれ実力も上がっていきます。

最近の楽しみ

「1日1つ 面白いことをつくる」という言葉が好きです。

この言葉も大学の教授からいただいた言葉なのですけども、今日も明日も同じような繰り返される状態では生きていることに楽しみを感じることができなくなる。少しでもスリルやサプライズがあるような気分を変えることができれば幸福になれるということ
例えば、毎日歩いてる道を気分で変えてみるとか。頑張ったお祝いにコンビニでアイスやお菓子を自分のご褒美として買ってあげるなど些細なことでもいいのです。

それで、私の最近の楽しみは「傘や屋根に落ちてくる水音を聞くということ」です。
雨の強さによって「ポツポツ」や「コツンコツン」とか「ボトボト」と色んな雨のオノマトペが浮かんできて楽しいです。あめあめふれふれ♪と歌いたくなります(*‘ω‘ *)

晴れの時は月のカタチの変化を楽しんでます。赤かったり細長かったりしてあの月なら星のカービィみたいなカッターの形だね!と遊び心があって面白いです。

片言

つれづれと日和そして継続と無縁な感じはしますが、暇でも面白いことを見つけるということ、外に出たら新しいモノに出会うということ。続ける楽しさと幸せをみつけることが肝心なのでしょうね。

モノを名前で覚える人とビジュアルで覚える人

人やモノを「名前で覚える」ひとはそのまま「アリス」と答える。
人やモノを「ビジュアル」で覚える人は「可愛い服をきた金髪の女の子」と言う

というのもひとつには記憶の結び方が左右している。

名前で覚える人は、余計な情報はいれずに特徴だけで覚える
「この活発な子はアリスちゃん」と名前だけではなく「くん・ちゃん」などの名前語尾の他に自分が覚えやすいニックネームなどをつけて覚える。

ビジュアルで覚える人は、様々な情報をいれ紐付けて覚える。というのは例えば
「金髪」で「長い髪」の「可愛いカチューシャ」をしてて「可愛い洋服」を着た子。のように様々な見た目をみてその人を覚える。

前者にとって後者は「よくそんな状況を覚えてるね」と言われ
後者にとって前者は「よく名前とかタイトルが出てくるね」と声を呑む。

記憶をどのように使うか。どのように残していくのかによって変わっていく。ただ直ぐに逆の人間になりたいというのは無理で長期的に記憶を鍛えていくしかない。無理と諦めったら最後。記憶はどんどんと退化してゆく。

覚える方法

名前で覚える人がビジュアルで覚えたい

ビジュアルでモノを覚えるには自分が覚えた名前に一つづつ追加していければよい。
例えば、「アリスちゃんは不思議な国に落ちた」→「アリスちゃんは不思議な国に落ちてチェシャ猫に出会った」→「アリスちゃんは不思議な国に落ちてチェシャ猫に出会いウサギと帽子屋とネズミのお茶会に誘われた」のように数回・数日にかけて物語を作ってゆく。そうするとそのキャラクターがどんなストーリを紡いでるかが長期的に記憶に残ってゆくと思います。

ビジュアルで覚える人が名前で覚えたい

名前で覚えるには特徴に名前をつければよいわけで。
例えば、お茶会のメンバーを正式名称で3人答えよと急に言われても答えづらいと思います。そうしたらビジュアルをつかって「あの子はウサギ。月ウサギ。Moon Rabit。そういえばお茶会は3人。Three。ウサギの名は [三月ウサギ]だったわね」と話に共通点なさそうな要素を新たにつけたりして覚えるとスッキリします。

どっちも一つの個性

ただ無理して変化させなくても良い気がします。自分の合う感性をモノにしたほうがストレスも溜まらず、一つ一つの仕草に楽しみが持てると思います。何か自分から出来ることやりたいことを続けてみてはいかがでしょうか?