CLIP STUDIO PAINT と FireAlpaca

CLIP STUDIO PAINT (https://www.clipstudio.net )

もともとMacに対応している無料のFireAlpaca (https://firealpaca.com/ja/) というイラストソフトがシンプルながらも機能美が良くて使っていたのですが、「価値に投資しなければならないという」クリエイターの心が疼き購入させていただきました。

FireAlpaca


FireAlpacaは「初心者でも描ける」ということをモットーにおいているのでシンプルながらも機能が少ないということはなく色塗り最後まで描くことが出来るのが特徴です。特殊な機能として「スナップ」という項目があり設定した縦軸・横軸、円形・ベジェ曲線(モドキ)などの線をブレることがなく書けるのが特徴です。

FireAlpaca で書いたイラスト

SnowyFlowers から イリーシャ出身フロリア

ワンピースの曲線などは「ベジェ曲線(モドキ)」で塗っておりフリーハンドで描くよりも綺麗な線画を書けるのが頼もしいです。

CLIP STUDIO PAINT

blank
Adobeの写真編集アプリPhotoShopをイラストクリエイター向けに仕上げたソフトウェアで「線をくり抜く」「描く」「塗る・貼る」ということをモットーにしています。

この機能美だと「1万5000円 〜 2万円で買い切り」もしくは「月900円(PhotoShop)×12ヶ月(年:1万8000)というのが一般的な価格帯なのですが…なんと!!「税込み5000円」で永続的に使えるのがCLIP STUDIO PAINTの強みだと思ってます。

漫画家・同人作家に頼もしいトーン機能

私はマンガを描くような同人作家ではないのでトーンを使うことは少ないのですが簡単にトーンを貼ることができるのが他のイラストソフトとは違うところでしょうか。
https://www.clipstudio.net/oekaki/archives/152356

CLIP STUDIO PAINT で書いたイラスト

SnowyFlowers から ぴょんぴょんアンネさん


色んなペン(Gペン・丸ペン・カブラペン・鉛筆)などがあるので味のある線画を作ることが出来るのがメリットでしょうか。特殊な機能として設定せずにバケツを使うと線がつながってるところはドット欠けせずに塗ってくれたり、隙間が空いてても補間してくれる機能があるのが頼もしいですね。

紹介動画

https://youtu.be/afY9wQBbixg

感想

FireAlpacaを使っていた身としてはCLIP STUDIO PAINTが使いやすくてすぐに乗り換えたくなるペイントソフトでした。ただ、アルパカには線画補間が便利な機能なので両方使うというのがいまのところ良い使い方なのかもしれないですね。

CLIP STUDIO PAINTも30日間体験することもできるので、買うか悩んでいるクリエイター購入を検討してみるのはいかがでしょうか?

一度熱が出ると抑えきれない

そう一度熱ができると最後まで抑えきれずに最後まで続けてしまう。大半はゲーム(ソーシャルゲーム)なことが多いが、絵を描くにあたっても長々と作品を一ヶ月・一年かけて大作を作るよりもその日に出てきた感性で仕上げてしまうのが私の主なのかもしれません。なので銭湯や昔ながらの薪のお風呂のように一度冷めてしまうと加熱するまで時間がかかり、火がつき過ぎると作品熱が冷めるまで手をつけられないといった「銭湯(お風呂)体質」なのでしょう。言ってしまえば葛飾北斎のような性格だとは思ってはいますが、彼とは違う所は「食事、風呂以外は描く!」という中毒性であり、備長炭のように味のある熱を続けるには足りないといったところでしょうか。

ジャンキーホリック

ジャンキーホリックなその芸当に溺れるにはどうしたら良いのか?

褒められれば

人間というのは容易いもので褒められれば幸福に感じるドーパミンが出て、評価されずに不満に感じると「」が放出される。満腹時の幸福感やおもちゃを買ってもらえなかったときの絶望感などだ。なので「評価された」というのは一でも十でも自分が満足すれば次につなげたいと思う欲が出てくるのです。

特化したこと

誰にも出来ないような特化したこと。もしくは自分の世界観に浸れるような楽しい世界というのは「自分にしかできないこと」と捉えることができるので楽しいと思えることが出来て作品作りに楽しみを覚えることができるでしょう。なのでマイキャラを作るというのは自分の存在意義を投影するという意味になるのでオススメです。

他人の目に触れず

このブログのように見ているのかも解らない状態でどうしようもならないならば、いっそ他人に評価されるよりも自分の書きたいように書くということがホリックになる秘訣なのかもしれませんね。その代わり何度も見れて振り返られるようなことを続けていかなければ欲というのは薄れていって冷めやすくなるので適度なオイルは必要なのですが…。

自分から地団駄を踏んで消さないこと

自分から地団駄を踏んで灯火を消さなければ続けられるのです。ゲームだったりSNSを毎日続けられたりケーキバイキングや喫茶店に行く人だっている。毎日できればそれは趣味ですし趣味だからこそジャンキーになれる。中毒になれば楽しいことも実力が上がることもあるのですよね。火というのは燃えることは速くても点けるのは遅い。そういうことなのです。

去年はありがとうございました

自堕落に生活してます。のんびりとゆっくりと。とはいいつつ仕事もしなきゃいけないので実際は思ってるよりも忙しいことがあります。趣味に時間を置けないのは悔しいですね。

今年の目標

今年のイラストの目標としては、なるべく色を塗ろうと頑張ること、2019年に昇華したイラストのカラー絵をつくることでしょうか。同日に色々とやろうとするから体力を消費するのであって別の日に行動することを意識すれば今までの行動も変わってくると気づいた次第です。

お気に入り登録ありがとう

そういえば去年は様々なイラスト投稿でのお気に入り登録ありがとうございました。自身の画力が上がったのもありますが、みんなが見てくれるお気に入りに入れてくれるだけでも心の励みになります。今年は自分が好きなマイナーなキャラをメインに書いて応援してゆくという活動を行ってゆきたいと思っておりますのでよろしくおねがいします

心はまだこども

様々な方に心が落ち着いてるとか精神がちゃんとしているとはよく言われますが、実際は人に甘えたり他人の優位を見てるとぷくっと、ふてくされたりしてます。それでも心を落ち着かせて一つ一つ対処したりと頑張って行動してます。他人が面白いと思ったことは否定せずに面白さを感じて自分に合うならば試してみる。一つ一つと子供から大人になるように続けていければと思います。

去年は、出ずっぱりだったので休みが取れれば色んな所に顔を出したいですね。意識の変化大事です。

イラストブログを統合しようとしてた。それとイヤフォン・ヘッドフォン雑談

半年前に考えながらと模索はしていたもののついつい忘れてしまって、あれ…何をするんだっけと思いながら半年ついさっき思い出しました。ここの「てまりうた」に最近描いたイラストを掲載しようと。

神楽ちゃん

blank
最近描いたものといえばポップンミュージックの神楽ちゃん。最近お気に入りのキャラです。
巫女衣装って好きなんですよね。神聖的でなおかつ日本らしさが映るというか。

最近の日常

音声ログ・音声メモ

特に変わったことはないですが、SHUREのSM57を購入して音声ログ・音声メモを始めてみました。音声ログは勝手にGoogle Driveにアップロードして後で忘れたときに聞き直すだけのものですが、最近凄いと思ったのは「音声メモ」GoogleやMacで搭載している機能(Fnキー2回)で手でキーボードを打たずに文字入力するというもの。手で入力するよりも速くて自分の思っていることを入力できるので本当におすすめです。

SHUREのSM57まで購入して入力する必要性もないですが、Macbookに搭載している標準機能よりも感知度が高いのでそうしています。((SM57-LCEはアメリカの大統領の演説でも使われるダイナミックマイク))

新しいイヤフォン・ヘッドフォンが欲しい

汎用性が高くて業務用としても使いやすいイヤフォン(IE60)・ヘッドフォン(MDR-CD900ST)は持っているのですが、もう一つの上のカテゴリーを求めたい違いを知っているから持っていたいという気持ちが高まるもの。

IE80S

ゼンハイザーから出ているイヤフォン。IE80S

持っているIE60とは似ていて相反するもの。ゼンハイザーのイヤフォンの中でも音の解像度が良くてモニターイヤフォンの聞き疲れというのはなく個人の中でも欲しいイヤフォンの一つです。正味 35000円

MDR-M1ST

Sonyの次期モニターヘッドホンとして今年8月に一般販売されたモニターヘッドフォン。音楽スタジオ・作曲者から愛されているMDR-900STとは違う趣向として登場しました。900STは全ての音が鮮明かつフラット(尖りのない音)なので音を作るときに基本のヘッドフォンとして使われてきました。ただ出たのが平成元年(1989年) 30年も経てば音楽も変わりゆったりしたものから速いもの。原音からシンセサイザーを通したテクニカルな音へと変化していき高音域を生かした音楽へと変わっていく。そういうものです。

その中から次の音へと変化させていくべくMDR-M1STというヘッドフォンが登場しました。購入できていなく販売所での視聴での意見ですが。鮮明さをモットーとしているMDR-CD900STとは違い。音の相対感を重視しているヘッドフォンだと思います。

例えるならMDR-CD900STはレコーディングスタジオで聞こえてくるのを調整して音をつくる(単音から集音) MDR-M1STはみんなでキャプチャー(演奏)した音楽をまとめてレコーディングする(集音したものを調節)雰囲気がします。なので、一つ一つの音を知りたいという人は不向きなヘッドフォンですが、音としては自分の中では最高峰なので購入したい一品であります。

最後に

一時期は新しいスマートフォンが欲しい。ネットワークをしっかりしたいと思っていてイヤフォン・ヘッドフォンを購入しなかった時期がありましたが、最近は手に届きそうなので欲しいと思ってしまうイヤフォン・ヘッドフォンがいっぱい出てきしまって購入欲が抑えきれないのです。クリエイターには仕方ない心情なのかもしれませんね。