iA Writer が WordPress.org に対応したので

https://ia.net/ja/writer


ホウホウ…。
んっ?

「セルフホスト型のWordpress.orgサイトへの投稿を直接作成します」

やったー!!iA Writerで書いた記事をいちいちコピペしてWordpressに貼り付けて修正しなくても投稿できるようになった!!コレは嬉しいアップデートです。

WordPress.org への導入方法。

iA Writer での設定

「環境設定」から「アカウント」そして「+」項目を押すと4種類くらいの項目が出るのでWordpressを選択。そうすると下記のような項目が出て indieAuthプラグインが必要になるので WordPress側でインストールします。(インストール方法は割愛)


indieAuthプラグイン

https://ja.wordpress.org/plugins/indieauth/

インストールが終わりましたら有効化してWordpress側のプラグインページに訪れるとエラーが表示されていますので說明を読ませていただくと

.htaccess に「SetEnvIf Authorization "(.*)" HTTP_AUTHORIZATION=$1 」を書き込んでくださいとなのでサーバー会社のコントロールパネルでWordpress直下の.htaccess に記入。そして一度再読み込みすると「Authorization Header Found. You should be able to use all clients.」となるので完了となります。

Web Sign-In の項目をすべてチェックつけて保存し閉じます。

アカウント

上の画像のところに戻ってきて「ブラウザで認証」か「トークンを手入力」かを選ぶところなのですが好みでOKです。自分のWordpressのアドレスを「URL」項目に入力し許可を押すと下記のような画像が出てきます。

blank

認証画面なので「Authorize(認証)」をクリック。これで導入は完了です。

iA Writer側でエラーが出る場合。

キャッシュプラグインなどを導入してるとキャッシュが悪さしてることが多いのでキャッシュALL削除か認証するまで止めることをオススメします。

導入したことについて

私の事例ですがWordpress 開いて直接コピペなどをしながら編集していたのでその手間が省けました。ただ「一時保存」での投稿になってしまうらしく書き直しだと複数ファイルが生成されてしまうのが欠点でしょうか?取り敢えずWordpressでの日記制作のためにiA Writerを使用していたので利便性が向上してうれしいアップデートになりました。感謝しております。

CLIP STUDIO PAINT と FireAlpaca

CLIP STUDIO PAINT (https://www.clipstudio.net )

もともとMacに対応している無料のFireAlpaca (https://firealpaca.com/ja/) というイラストソフトがシンプルながらも機能美が良くて使っていたのですが、「価値に投資しなければならないという」クリエイターの心が疼き購入させていただきました。

FireAlpaca

blank
FireAlpacaは「初心者でも描ける」ということをモットーにおいているのでシンプルながらも機能が少ないということはなく色塗り最後まで描くことが出来るのが特徴です。特殊な機能として「スナップ」という項目があり設定した縦軸・横軸、円形・ベジェ曲線(モドキ)などの線をブレることがなく書けるのが特徴です。

FireAlpaca で書いたイラスト

SnowyFlowers から イリーシャ出身フロリア

ワンピースの曲線などは「ベジェ曲線(モドキ)」で塗っておりフリーハンドで描くよりも綺麗な線画を書けるのが頼もしいです。

CLIP STUDIO PAINT

blank
Adobeの写真編集アプリPhotoShopをイラストクリエイター向けに仕上げたソフトウェアで「線をくり抜く」「描く」「塗る・貼る」ということをモットーにしています。

この機能美だと「1万5000円 〜 2万円で買い切り」もしくは「月900円(PhotoShop)×12ヶ月(年:1万8000)というのが一般的な価格帯なのですが…なんと!!「税込み5000円」で永続的に使えるのがCLIP STUDIO PAINTの強みだと思ってます。

漫画家・同人作家に頼もしいトーン機能

私はマンガを描くような同人作家ではないのでトーンを使うことは少ないのですが簡単にトーンを貼ることができるのが他のイラストソフトとは違うところでしょうか。
https://www.clipstudio.net/oekaki/archives/152356

CLIP STUDIO PAINT で書いたイラスト

SnowyFlowers から ぴょんぴょんアンネさん


色んなペン(Gペン・丸ペン・カブラペン・鉛筆)などがあるので味のある線画を作ることが出来るのがメリットでしょうか。特殊な機能として設定せずにバケツを使うと線がつながってるところはドット欠けせずに塗ってくれたり、隙間が空いてても補間してくれる機能があるのが頼もしいですね。

紹介動画

https://youtu.be/afY9wQBbixg

感想

FireAlpacaを使っていた身としてはCLIP STUDIO PAINTが使いやすくてすぐに乗り換えたくなるペイントソフトでした。ただ、アルパカには線画補間が便利な機能なので両方使うというのがいまのところ良い使い方なのかもしれないですね。

CLIP STUDIO PAINTも30日間体験することもできるので、買うか悩んでいるクリエイター購入を検討してみるのはいかがでしょうか?

書体変更

少しでも文字が見やすくなったでしょうか?WindoxsやAndroidだと変化が大きいかと思われます。というのもSakura Serverの有志でフォントを代えられるということでモリサワフォントを実装させていただきました。

モリサワフォントとはなんじゃらほい?という方に説明すると雑誌や書籍・広告なとで使われる高級な見やすい日本語の書体と考えてください。とは言ってもPCに内蔵されているヒラギノフォントでもWebを閲覧する書体としては充分なのですが少しでも読みやすい文字を心がけようと導入した要因です。

WordPress MySQL移行 (5.5 → 5.7) 2019年度版 – さくらサーバー

WordPress MySQL 移行メモ (5.5 → 5.7) – さくらサーバー

情報は変わるもので前回よりも簡単にアップデートできるみたいなので紹介します。
さくらのレンタルサーバ 「データベースアップグレード機能」追加のお知らせ

さくらコントロールパネル

https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/

新さくらコントロールパネル画面にログインして「Webサイトデータ」 >> 「データーベースをクリック」(ログインしているならこちらでも化)(リンク)

blank

「データーベースアップグレード機能」から「アップグレード設定」をクリック。

blank
「データーベースのアップグレード」というボタンがあるのでそれをクリック

もう一度「データーベース」に戻って5.7になっていればおしまい。
Wordpressへの細かい内容は「2018年版」をご参照ください。
いやー楽になりましたね (๑´ڡ`๑)

wordpressのメンテナンス

保護された通信

https化をすると表示されるのが「保護された通信」しましたという項目。
ありがちなのが、昔の記事の画像やリンク。これを放っておくと「http と https」が混在していますセキュリティ的によくありません!!という項目が表示されてしまう。自分のブログの過去記事も画像のhttps化が済んでなかったようで…とりあえず対応させてきました。

おそらく全てのページにおいて対応させてきたので大丈夫だとは思いますが、ここのページ対応できてないよ!!というお言葉があれば修正させていただきたいと思います。

文字サイズをアップ

14pxだったのを15pxにしてみたのですがお気づきましたか?
私は文庫本を読んでいるので細かな字に苦を感じないのですが、慣れてない人とか年齢が高い方にも少しでも緩和してあげようと思い文字サイズを少しだけ大きくしてみました。

1pxだけでも、読みやすさというのは変わるのでこの調子で気になるところを修正していきたいですね。

気になるトピックス

blank

このような感じで関連したページを紹介するようにしてみました。まだまだコンテンツは薄いので似たような記事がでるのが乏しいですが、新しい記事とか気になる記事に誘導できればと思っております。