Macで「iA Writer」を使って執筆をする。

執筆するときは「iA Writer」という文章制作(ライティングソフト)を使っている。気分的にはワープロで文字を入力するのに似ていて白紙の内容から文字を綴っていく感覚、違いは途中で間違えた時に修正が利くという点。

余計な装飾もなく書きやすいし入力するラグもないので便利なのだが、サイズ変更が「小」「中」「大」しかなく自分の好きな文字サイズを決めることができないのが欠点である。(1)もともと「English Writer」用だしね

自動的に禁則処理をしてくれる。

英語の半角文字と日本語の全角文字 これが混在していると文字がずれたり句読点が変に前に来たりして読みにくい文章になってしまう、たが心配はなくこの「iA Writer」は禁則処理をやってくれる。

MacbookがなくてもiPhoneやAndroidで

ふとした時に執筆したくなるときもあるだろう。そういう時はスマートフォンである程度執筆すれば、家に帰ってきた時に書きたいものをMacbookで書くことができる。iPhoneならばロケーションをiCloudに、AndroidならGoogle Drive(別途Macbookに同期アプリが必要)などと連携できて頼もしいものになる。

WordPressなどに投稿

WordPressのアカウントを紐づけすることができるため、執筆した内容を自分のブログに投稿することができる。ただJetPackというWordpress公式が出してるプラグインを使わなければならず表示速度を気にしているので使用はしていません。(2)便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

少しばかり3000円と値が貼るかもしれないが、ライティングソフトで悩んでいるならば買ってみるのもいかがでしょうか?

   [ + ]

1. もともと「English Writer」用だしね
2. 便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

FLACリッピングするのにオススメな商品 ”CDレコ”

最近ではハイレゾ(Hi-res)というのが主流みたいですね。SONYやレコチョクなどが曲の販売を行っておりますが、1曲500円ととても高い!!普通のCDに比べて2倍の価格がかかってしまうのがデメリットとなっております。

ハイレゾとは

44.1kHz, 16bit 以上のサンプリング周波数か量子化ビット数を超えているフォーマット(wav,FLACなど)を超えている音に適用する。CDにデコードされている周波数は44.1kHz 16bitな為。どうフォーマットをしてもハイレゾにならない。

主に販売されているハイレゾは 44.1kHz 24bit か 96kHz 24bit のどちらかである。

CDレコ

そこで紹介したいのが「IO-DATA社から"CDレコ"」という商品です。
CDレコ Wi-Fiモデル
http://www.iodata.jp/ssp/cdreco/ "io-deta CDレコ"
なぜCDレコを紹介するのかというと「FLACというフォーマット」に対応しているからです。

FLACフォーマットとは?

CDに取り込まれているリニアPCM(wav、AIFF)を圧縮しつつ元の音質を損なわず可逆的に処理をするフォーマットです。AACやMP3などの非可逆圧縮フォーマット(元の音質に戻せない)に比べて、ほぼCDの音源をそのままリッピングできる処理となっております。

メリット

・mp4やAACに比べ音質の向上。音がハッキリする。
・wavリッピングに比べて60%の圧縮

デメリット

・1曲あたり40MB(4分)
・mp4 aacと比べると10倍の容量になってしまう。
・音マニアや再生しているデバイスが良くないと非可逆圧縮と大差ない
・対応している端末が少ない(Walkmanや最新スマートフォンなど)

それでもCDレコをオススメする理由とは?

パソコンを持ってないが・・・CD音源をスマートフォンに入れたいというユーザーに向けてこの商品は発売されました。

そのままスマートフォンの端子に挿してリッピングする通常モデルと、Wi-Fiを使ってリッピングするWi-Fiモデルがありスマートフォンしかない場合は「通常モデル」PCはあるけどもFLACでリッピングしたいという場合は「Wi-Fiモデル」が良いみたいです。

リッピングするのには専用のアプリ( CDレコ – android )が必要なのですが、ワンタップで曲をリッピングしてくれるのでPCでiTuneなどを起動して…それをスマートフォンに書き込みをする手間が無くなるのを考えれば初心者でも優しい商品だと思います。

手持ちのCDをリッピング

やっぱり少しでも良い音を聞きたいものです。流石にハイレゾなどの原音に比べれば音は減衰するのだろうと思いますが、それでも今までよりも綺麗で重厚なものにしたい。そういう方にはFLACという拡張子はオススメでしょう。

著者の音事情

参考になるかは分かりませんが、自分が心地よい音として感じるデバイスをご紹介したいと思います。

再生機器

Walkman NW-A35

FLAC拡張子時は「DCフェーズリニアライザー」のみON
aac拡張子は「DSEE HX」をON

IE60

SENNHEISER IE60 クリアさ無いがライブのような臨場感を与えてくれる愛用品

拡張子

FLAC

Walkmanとの相性はバッチリです。

AAC

昔にリッピングしたときの拡張子 320kbps にして擬似的にも高音質

雑言

レコード盤のように「針を変えたり」「スピーカーを良い物にする」それとも、レコード盤を綺麗に磨いたりしてノイズのないクリアな音として変化するように、音というのは一つのものを変えるだけでも変わったりします。どれが正解というのはなく自分の好きな音を追求してゆくのが正味だと感じます。それがデジタルになっても再生する機械(CD・テープレコーダー・オーディオプレイヤー)の違い。イヤフォン・スピーカーの違いになったということなのかもしれません。

PS4でも使えるJPRiDEのトランスミッター&レシーバー (JPT2)

ゲームしてるけども急にトイレが行きたい…!いちいち耳からイヤフォンを外すのが面倒くさいという方にオススメなのが「JPRiDE の JPT2」です。

【1分簡単セットアップ – 光入出力対応 】(JPRiDE) JPT2 Bluetooth トランスミッター & レシーバー ( 受信機 + 送信機 一台二役 ) AAC aptX aptX LL 対応 送受信両対応 高音質 CDクオリティ 2台同時接続 約22時間連続運転 充電しながら使用可 【メーカー正規品】

JPT2をオススメする理由

PS4はBluetoothを使ってコントローラーと本体の操作を行っているのですが、本体からBluetoothを使ってイヤフォンとかに受信させようとしても対応しておりません。という項目が出てきてしまうため別の方法を考えなければということで「光デジタル回線」を使えるようなお手頃なトランスミッター「JPT2」をオススメさせていただきました。

実際どうなのか

送信音質はかなり良いです。
繫げ方はPS4に「光デジタル端子」をつないで「JTP2」の「TX(送信)」機能を使い他のBluetoothヘッドフォンやイヤフォンに繋いでる状態です。
デメリットとしてはWiFI環境など2.4GHzが多い環境だとノイズが発生し音が割れてしまうなどがあります。

WiFIルーター次第では…。

Bluetoothと共存のできる設定があるようです。共存を無効ではなく有効またはpre-emptive(先制)などの機能を使うと解消するようです

JPT2に搭載されている機能

光デジタル端子

TX(送信)RX(受信)と共に2つ付いております。あくまで送信か受信かということでこの機械を中継として使うという感じには使えない模様です。AUXにくらべ音質の向上を上げることが出来ます。

AUX

3.5mmステレオケーブルを刺す場所です。光デジタルケーブルがなくとも送信したり受信したり出来ます。

TX(送信機能)

2台まで」他のBluetooth端末(受信)に電波を送信することが出来ます。

RX(受信機能)

2台まで」他のBluetooth端末から送信を受け取ることが出来ます。しかし片方が音がなっている場合は片方は聴くことが出来ません。 (Bluetooth 4.1特有の問題)

どのような人にオススメか?

テレビにイヤフォンを指して聴いている。PS4にAUX端子もなくて困ってるという方にオススメです。

Google Home で出来ること出来ないこと

https://store.google.com/product/google_home
Google Home を買ってみたので使ってみた心地と出来ることと出来ないことをまとめます。
(2017/10/21現在)

使い心地

「OK Google(おっけーぐーぐる)」でも「ねぇ Google(ねぇぐーぐる)」でも入力を受け付けてくれて、音声の取得性能は高いです。2 ~ 3m離れたところで使っていますが問題なく使えてます。

音質

Google Home

mini ではないGoogle Homeは「可もなく不可もなく」といったところ。FLACに対応してて高音質をうたってますが、そこまでは音質は伸びないかなぁと思ってます。

Google Home mini

今週の日曜日(10/22)に発売される mini ですが、多少スピーカーはごもり気味に聞こえるかもしれません。ただシステムはGoogle Homeと同じなのでシステムだけ利用したい場合はこっちをチョイスすると良いかもしれません。

できること

Chrome Cast での動画再生(Youtube Netflix etc)

まだ開発途上中 「Youtube開いて」でYoutubeを開くことが出来るが「Youtube で 猫を探して」は認識できない模様。

音楽の再生

Play Music や Spotify を使った音楽を再生できる。
ただ自分のスマホなどに入った音楽は流すことが出来ない。あくまでPlay Musicなどで公開されている音楽などが流れる。「例:月のワルツ流して」→「諫山実生の月のワルツを再生します」

IFTTTとの連携

Google assistantとIFTTTが連携できるのでオリジナルの言葉でTwitterに投稿したり他のプログラムと組み合わせることができます。
Google home on IFTTT

例えば「ねぇ Google おはよう」と呟いたらTwitterに「おはようございますー」と投稿したり「ただいま」と言ったらGoogle Homeが「おかえりなさい(自分で呟く音声変更可)」と言いながら「帰宅した!!」とTwitterで呟くようなコンテンツが作ることが可能です。

Twitterに限らず

Twitterに限らず「薬を飲んだ」と言えばCalendarに「薬を摂取済み」投稿できたり色んなプラグインを作ることができます。

radiko に対応

2017/10/23 に radiko(らじこ)に対応しました。
「ねぇ Google TOKYO FM 再生して(聞かせて)」というとradikoを聴くことができます。

できないこと

Android端末に届いた通知の再生

Googleの方で一生懸命作っているらしいですが、まだ未実装です。
この機能があれば買ったのになー。という方も多いのでは無いでしょうか?

アプリの起動

たとえばGoogle Homeアプリをいれている端末で「Twitter 開いて」と言っても起動はしてくれません。ちょっと残念。でもアップデートで追加されそうな機能かもしれないですね。

今日の予定は?

まだ日本語では実装はされてない模様?

まとめ

思いつく使用方法ではこんな感じ、まだ出たばっかりなのでシステム的には未熟な部分が多いです。ただちょっと知りたいことや音楽を軽く聴きたい。子どもの遊び道具(教育道具)として使ってみるのは良いと思います。

TRPGなどにオススメ「十三世紀のハローワーク」

中世時代のお仕事を学ぶために便利な書籍を見つけたので紹介。
「十三世紀のハローワーク」一迅社から出ております。
http://www.ichijinsha.co.jp/special/zerosum/hellowork/

Charactor Works
中身としては「100人の実在したお仕事」からTRPGなどに使える「知力・スキル」まで幅広く紹介しています。

お仕事キャラメイク

スキルや知力など

使用例など

読んでいるだけでも楽しいですが、今までのRPGにはなかったキャラの豊富さが目立つので中世を舞台にしたゲームを作ってる方やTRPGでキャラメイクを作りたい方には本当にオススメです。スキルや知力を参考にして独自の世界観をメイクするのも面白そうですね。

amazon

お値段は¥2900+税となっております。書店やAmazonなどで販売中です。
中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク