ポータブルスキャナー – iX100 スキャンレビュー

富士通スキャナー - iX100

印刷複合機にスキャナーはついてるけども、スキャンの為に印刷機をONにして数分待つのも怠いし複数枚あると時間がかかるという人にオススメなスキャナー。富士通のiX100です

どういう人にオススメ?

一番オススメとされるのは「サラリーマン」
外部会談や他社から貰った用紙を上司に情報を送るという点で好まれてます。

理由として連続したスキャンをpdf化する機能が標準で搭載しており、自分でスキャンした画像をまとめなくても良いという点で時短ができます。

主婦や学生にも

次に主婦や学生のような、ノートに書くけども電子化してスマートフォンやタブレットで確認したい人。遊園地や娯楽施設のパンフレットを貰ったは良いものの、かさ張るから捨てたいという人にもオススメです。

iX100の性能

解像度

自動的に設定されているモードは「スーパファイン」というモードでして
「カラー:300dpi | モノクロ:600dpi」となっております。

エクセレントというモードを使えば「カラー:600dpi | モノクロ:1200dpi」まであげることが出来ますが、スキャン時間もかかるのであまりオススメはしません。

サンプル

タワーレコード限定ポストカード「パスピエ」を試しにスキャン
パスピエポストカード
解像度:300dpi 拡大にて元サイズ

速度

1枚あたり5.5秒となっております。スキャンするのは手動ですが苦に感じない速度です。

保存形式

「pdf形式」と「jpeg形式」のみ。
しかし一手間ありますがpdfから他の形式に変換すれば事実上はすべての形式に対応

保存可能枚数

事実上はpdfが保存できて読み込める大きさ(200枚前後)までは可能。開くときに重くなるのでそういう場合は個々に種類分けをしたほうが良さそうです。

大きさ(サイズ)

A3までスキャン可能です。
縦か横かどちらかが入れば長さは関係なくスキャンできます。

持ち運び

コンセントがなくても200枚まで印刷可能
WiFi接続にてスマートフォンやタブレットの直接通信も可能です。

どのように通信してる?

WiFiルーターを経由した「アクセスポイントモード」での使用可能
他にも直接スキャナーのWiFiと接続した「ダイレクトモード」にて通信することもできます。スキャンには専用のアプリケーションが必要となります。

iX100とiX500との違い

フラグシップモデルのiX500との違いですが「同時両面スキャン」「放置しながら複数枚スキャン可能」「pdfにした時のOCR書き入れOK」くらいです。

iX100がオススメな人

重さが400gと軽いので外出でスキャンしたい人。タブレットやスマートフォン使った使用。レシートや動物園などで貰った紙のMAPなどを保存したい人にオススメです。

また、充電器が内蔵しており枚数として「200枚」はスキャン出来るようになっております。端子がスマートフォンで使われてる「USB-B」なのでモバイルバッテリーなどを持ち運べば気にせず使用可能となります。

iX500がオススメな人

複数枚を放置しながらスキャン可能というメリットを活かして「自炊」(自炊とは雑誌などを切り抜いて自分で冊子をつくること)したい方や業務などで圧倒的に用紙が多い会社など。フラグシップモデルを活かした機種となっております。

どっちがオススメ?

断然的にiX100の方がオススメです。性能面はiX500と変わらないので「手動でスキャンを見守ってる」のが面倒くさくなければエントリーモデルのiX100をオススメします。

データー化するという面白さ

私もどちらかというと「紙尊重派」なのですが財布の中に増えてゆくレシートやクーポン、引き出しから取り出して見るには面倒くさい雑誌などを必要なモノだけ画像にすることにより、新たなメモ帳としての機能があると私は実感してます。

大学生時代に買っておけば良かったという後悔もあります。
リングノートとの相性やスマートフォンでの即時スキャンも可能なので、怪しまれずに講義の終った後にスキャンできたり、教授への感想(講義アンケート)を自分自身でメモることが出来るので何を勉強したのか記憶として残りやすいと思います。

他にも紙媒体を使うアナログなイラストレーターの方や文豪などの原稿用紙(B3サイズだが設定でB4+B4で合わせることも可能)なども出来たりして万が一の為の情報を残す理由にもなります。

スキャナーで悩んでる方は是非

値段として2万円前後ですが高画質で便利なスキャナーなのでお買い求めになれればと思います。ただ、印刷化したデーターが欲しいのであれば印刷複合機をお買い求めになった方が幸せかもしれません。

Android Wear – ZenWatch 3 使用感レビュー

2016年12月16日に発売したZenWatch 3ですが、Apple Watch に比べ知名度が乏しいので先陣を切って Android Wear 含め ZenWatchのレビューをします。

今回購入したのは ZenWatch 3 – ローズゴールドモデル
他にもブラックやシルバー・本革やスポーツストラップモデルもあるので見た目と相談してご参考ください。

ASUS ZenWatch 3 W503Qモデル

スペックや操作性

スペック

Snapdragonを積んでいるおかげか、カクつく挙動はなしAndroid Wearアプリについてもスムーズに動いております。6軸センサ (加速度センサ、ジャイロセンサ)、光センサを標準的につんでいるので指を使わず操作することも可能。
欠点としては、GPSを搭載していないのでMAPなどはペアリングする端末しだいとなっております。

電池容量と使用量

340 mAh しかないのでボタン電池の1.5倍くらいの容量です。
アナログ時計なら歯車を回すだけの電流しか使わないので長く持ちますが、電子時計はそういう訳にも行かず。おおよそ「1日持てばよい」というくらいの気持ちでいたほうが良いです。むしろ現時点ではこの電池容量で電子時計が使えると考えると、良い分類に入ると思われます。

充電時間

おおよそ30分〜1時間で充電完了。容量が少ない分速いです。

音声について

よろし。かなり高音質で録音・会話することができ素晴らしいです。

Android Wear アプリで出来ること

買っても出来ることが少ないと大損なので取り敢えずメインで出来そうなことを述べていきたいと思います。

電話機能

応答・着信どちらもすることが可能。Bluetoothペアリングにて会話することになります。

通知

ペアリングした端末からの通知を取得することが可能。おそらくAndroid WearにWIFiを取得するようにしていたらBluetoothペアリングしなくても可能かも?

Google Map

一番オススメしたい機能。Android Wear内にてマップを閲覧することができ、ルートを検索できたり曲がり角でバイブを鳴らしてくれたりします。(ペアリング先の端末依存)

Swarm & Foursquare

場所Loggerの SwarmとFoursquareですがスマートフォンを出さずにチェックイン&お店を検索することが可能。この為だけにもAndroid Wearを買うことを決意してもいい感じです。

Ingress

ポータルにチェックインするだけの機能しかないですが。フォルムが近未来感あるのでIngressで遊んでる方は使っても良いでしょう。

音声ログ

Android Wearの音質がよいということを活かして「音声ログ」を使うというのも良い感じです!オススメなのはAndroid Wearに対応している「簡単ボイスレコーダー(無料版もあり)」となっております。

Twitter

公式アプリはAndroid Wearに対応はしていないのですが、サードパーティアプリで音声投稿を促すことは可能です。

TwiWear

HongOut & Skype

チャットアプリな両者ですが会話を閲覧することは可能です。
ハングアウトは返信OKですがSkypeは閲覧のみとなっておりややモドカシイ感じはしますね。

SMS & Eメール

上記のツールが使えるということはコレも安定して使えます。

惜しくもできないこと

Android Wearのみでのアプリ使用

言えることは「Bluetoothペアリング依存」なので会話したい録音したいマップをみたいということがAndroid Wearだけでは難しいということです。そうなるとペアリングしているスマートフォンの電池残量が気になる訳ですが。私はAndroidタブレットとのペアリングをオススメします。

ペアリングしていないと「時計機能」「通知」くらいの機能しか使えません。

「GPS搭載しているAndroid Wearなら単体で仕様可能」らしいです。(例:Sony Smart Watch3 ) など

Webサイトを開けない

検索まではしてくれます。開きたいページはペアリング元の端末をご利用ください。

どういう方にオススメ?

時計を外せないサラリーマンや新しいもの好きな人。ローズゴールドも可愛いのでオシャレな時計をしてみたい女性でもオススメできると思います(o・ω・o)

ただ、スマートフォンを酷使しながら使いたい人には向かないかもしれません。常時充電器とプラグを持ちながら行動するような感覚だと思っております。まだまだスマートツールは開発途上中な部分も多いのでアナログな時計と検討するのも良いでしょう。