本を読む時代から読まない時代へ

BLOGOS様の記事からこのような記事を見つけた
「ジュンク堂書店京都閉店!ロフト名古屋店も。時代は紙の本から電子書籍へ」

変化していると言えば嘘ではないが、書店員である私から言わせてみると、電子書籍化が書店の閉店に直結しているとは到底考えにくい。なぜ都心の大型書店などが次々と閉店しているのかお伝えしていきたい。

電子書籍が一因となってるのでは?

よく謳い文句に言われるのは「電子書籍」で読むユーザーの方が多くて、本屋で買う人が少なくなってしまったというお話。もともと本を買うのが億劫だった人がついでにスマートフォンで閲覧する方が多く、実際に紙の媒体から移行した人は少ないのである。

なぜそう言えるのか?

最近の話題だと「鬼滅の刃」をまとめ買い、「刀剣乱舞」やジャニーズ特集などの複数買いが目立つ。書店にとっては「特需」と言ってたりして大変喜ばしくお客様に感謝はしている、が別に考えてみればただ読むには電子書籍の方が混まずに買えてすべて揃えられるし、いちいち書店に訪れて予約や売り切れの可否を心待ちや悔しがらずにはならないはずなのである。なのにお客様は書店で購入したがる。何故なのか?

コレクター要素の一般化

オタク特有だった「コレクター要素の一般化」が表面に出てきているからだと思われます。

ソーシャルメディアで話題になったもの。メディアに取り上げられたもの。面白いからお得だからと小耳に挟んだものなどは気になるだろう。一言で言えば「みんなが持っているものを自分でも持ちたい(知りたい)」から一種のポケベル・たまごっちブームのようなものである。

あの時に読んでいたあの時に本を持っていた。そして、本を持っていることで何度でも振り返りをできるような感覚に浸ることができるというのが紙の媒体だと容易であります。

ジャニーズや刀剣乱舞などの複数買いというのは特殊だが、これはオタク文化にとっては至って普通であり「読みたいもの」「丁寧に保存するもの」「予備用(場合によっては布教用)」といった感じで好きなものは大切に使いたいということで複数買われてるのはよく言ったものです。

 書店が減る要因

話を戻すと、実際に閉店してしまう書店が多いのは何故なのか?

集合場所としての書店

昔と比べて大きな要因として考えられるのは集合場所としての書店としての利用。昔は自宅からの固定電話や携帯電話で電話しながらの集合場所を決める故での書店の利用が多かった。立ち読みでもよいから本屋に居てくれるだけでもありがたい。人が集まるところ人が来るというのは迷信でもなく本当のことであり、待ってる間でも気になった本を購入していただけるだけでも書店としては利益になる。それがスマートフォンでLINEなどのSNSを利用しつつ、知らない土地で待ちあわせすることになっても。目印を本屋にしなくても集合することができることがひとつの大きな要因になってしまったのでしょう。

出版社による既存作者の構築

別に悪口ではないが、売れる作者を残し売れない作者を淘汰する文化が強く根付いているのが紙の媒体の悪い点である点。YoutubeやTwitterに比べ新しいクリエイターが前に出るということが少なく、古参の作者の本を全面に推してるというのが大きな要因だったりもする。(その方が売れるから)別に出版社を否定しているわけではない、新人も多く出してる出版社は多数あるが、いざ販売してもお客様に取ってもらえるというのは少なくいつの間にか消えていくというのが多々見受けられる点。

特需での判断

最近は割と「人気になるもの」だったり「メディアに紹介された」ものはすぐに増版(もう一度印刷所に頼んで刷ること)することが多くはなったが、一時期は雑誌に至っては売り切れたものは販売分でオシマイということが多く、実際に欲しい人まで商品を回すことが出来なかった。

「直ぐに刷れば売れるのに」と思うところは多々あり、「在庫を残したくない」出版社と「本(入荷)を多く入れて売りたい」本屋さん。そして「手に入れたい」お客さんとの天秤の兼ね合いが難しいところ

入荷数の決め方

どうやって次回の入荷数を決めているかご存知でしょうか?偶にソーシャルメディアで作者さんが取り上げられて知っている方もいらっしゃると思いますが書店員から言わしても割と嘆嗟したものです。

というのも、前回の"発売してから一週間"の販売数がそのまま次の入荷になるというもの。多少はそこから+2冊程度を加味して判断するのであろうとは思いますが、流石に一週間という判断は早いのでは無いだろうか?と私は思ってます。

本というのはいつの間にか出ていたから購入するということが多くそれが2週間や3週間経ってしまったと考えるのが現状。今までの考えで、出版社や取次が減らすことを考えていればそれは誰が考えても低迷するよねと言いたくなるものです。

(無理には言いませんが応援したい。続けて読みたい作者がいれば発売日から一週間以内に買われるのをオススメします。)

時代背景上仕方ない。

江戸に文字を大量に複製する技術が生まれ、明治・大正に一般大衆向けに本を広めるという時代背景が完成した。娯楽としての本。知識を極めるための書籍として多くの人気を得ることができた。それが昭和・平成と100年の時代を重ねることによって表現する本。トレンドを知るための書籍と変化しつつ変化してゆき、令和では話題性のあるものコレクトとしての本として変わっていくのではないかと思います。

言ってしまえば古書を集めるマニアや同じものを複数購入するオタクというのは一種の最先端でもあり、過去に戻りたい(ロマン主義)でもあるのではないでしょうか? 世の中が変わってきているのはつくづくと感じてます。表現する人がまだ出てきていないだけでアンティークな文化を戻したいというのはあるのだと思います。言ってしまえば昭和浪漫・平成団欒のような感じでしょうか

長々と済みません

長々と自分の思ってることを呟いてしまったのでもしかしたら本を買われて読者とは違う意識なのかもしれません。もしそう思われたならブログやSNSで何なりと声を上げるのをオススメします。表現もせずに是非を言うのはよろしくないです。一人の声がもしかしたら「本」という文化を変えるのかもしれません。それでも時代か進んでしまって増えるのか減るのかそれとも違う文化になるのかは未来の戯言です。私的にはコレクトな文化を期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)