文章クリエイトできる人って凄い

いやはや自分でも文章を描くことは好きですが、自分の世界感を文章にして長編を作れと言われても無理と言いたくなります。Twitterのフォロワーでは文章作品として世界観を紡ぐ人がいてその実力に驚きを隠せません。と言っても自分も昔はライトノベルみたいな「括弧」にキャラの言葉を繋ぐような小説を書いたことはあります。しかし時代としては15年前くらいに書いたものであり、文章力が増えたとはいえ今の技術で世界観を紡ぐということは難しいかもしれません。それだけ文章よりもイラストでの表現に力を注いだといえば注いでるのかもしれませんが…。

文章の難しさ

それで「文章」の何が難しいって最初に始まる言葉が難しいのですよね。
作文といえば「タイトル」書きたいことは山程あるけども「タイトル」がしっかりしていないと書き出しが良くわからないものになる。タイトルを無視して「書き出し」を重点に置くと文章は書きやすいが伝えたいことは不安定になりやすい、いざ最初から読み直すとなんだコレ…と頭を抱えるくらい粗悪な文章が出来てしまう。この行き違いが作文嫌いになりやすい原因。

「加筆」と「添削」・「プラス」と「マイナス」の試行錯誤を繰り返せば、作者の伝えたいことも明確化するでしょうが、やってしまうのは、それよりも書きたいことが上回ってしまうこと、そして修正出来ないほどに網目模様に紡いでしまう。解すには書いたものを直すよりも削除して伝え直したほうが早いのですから言葉って結構扱いに難しいものなのです。

そして想像で書く文章

さらに想像で書くとなると他の人に自分のあったことや妄想の世界観を表現しなければならない。
雪降る街並みにひとり孤独にたたずむ女の子…。っと客観的に、マッチはいかがですか…!と主観的に話す言葉。その組み合わせをうまく混ぜながら文章を書かなければいけないため作文やブログダイアリーを書くのとは違う難しさがあり上手い人なら息を吸うように紡ぐことが出来るでしょうが自分にはまだまだほど遠い技術です。だから話し言葉に「括弧」を多用してしまう悪いクセです。

それと不安定な世界観

イラストとしてキャラクターはあるものの、そのキャラクターがどのような過去があって未来にはどうしたいのかを決めていない。キャタクター原案の状態でしか作っておらず世界を紡ごうとしても不安定になってしまうから手をつけてないというのが、クリエイトできないのも要因の一つでしょうね。何故ならキャラクターが可愛いからおめかししたくなる箱入り娘(息子)だから汚したくないんです。考えてみると駄目な親ですね…。子は旅をさせよと言いますからストーリを構築していったほうが美味しいキャラクター設定になるはずなのですがね。

文章をクリエイトするにあたっては

たぶん自分も作品をつくるセンスはあるのでしょう。ただしょうもないストーリを作りたくない、凝った話を思いついたら書きたい!だから放置している。これが一番の理由なのかもしれませんね。ですが汚すのもストーリの一つ。マイキャラストーリ(生活感)もここのブログで披露したいですね。妄想が膨らんだから書き綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)