自転車を漕いでた時に財布を落とした件

発端

いつかは自分も落とすのではないかと思っていたのですが、昨日。ついに落としてしまいました。最初はポケットに財布を入れ忘れて自宅を出たんじゃないかと思っていたのですが…。自宅に戻っても置いたと思われるところになくやってしまった…と辛い気持ちに。クレジットやら銀行のキャッシュカードを止めなきゃ。そういや保険書も入っていたなぁ…再発行手続きもしなければと色々考えてしまって精神的に病んでしまいました。

ダメ元で交番に届いてないかと思い、自転車で漕ぎつつ来店。紛失届を書くところで…、あぁ届いてないんだなぁ。これは仕方ないなぁと思いながらも無くしたものを自分の手で一筆。見つかってくれれば良いだろうと願いながら書き終えると。

「実は届いているのだが…」

担保(証明)の為にも無いように確認させていただいた。ただ、証明できるものが無いと渡せない。そりゃそうだよね…。一番の証明できる保険書も財布の中だとどうしようもない…。免許書も持っていないしパスポートはとっくに期限が切れている。

後日に住民票でも良いですが…と一言つぶやくと、やっぱり今日中に渡したいよね。と警察さんの一言。親御さんはいる?特例で「免許書と保険書」を確認いただければお渡ししましょうと、その言葉に御礼をしながらも親御に電話。中身も抜かれず無事に自分のもとに戻ってきたという訳です。

拾ってきた方に感謝

普段は戻ってこないものです。落としたらなくなるもの、消えてなくなるというのが一般的な考え方。そんな中で大切な時間を使いながらも財布を届けてくださった。感謝の言葉もいらないという慈愛を持ち合わせていらしゃったことに頭もあがらないです。

財布が戻ってきて良かったです。今度から落とさないように反省したいですね。

▼ こちらもどうぞ

ぐっすりと寝ること。 (科学的根拠および研究した内容ではないのであくまで個人での推察ということをご了承おねがいします。) 睡眠(ねること) 睡眠というのはパソコンで言う記憶の上書き保存。一日の記憶を脳という保存領域に書き込むための処理行動であり、寝ることによって忘れないようにファイルをつくることである。 レム睡...
モノを名前で覚える人とビジュアルで覚える人... 人やモノを「名前で覚える」ひとはそのまま「アリス」と答える。 人やモノを「ビジュアル」で覚える人は「可愛い服をきた金髪の女の子」と言う というのもひとつには記憶の結び方が左右している。 名前で覚える人は、余計な情報はいれずに特徴だけで覚える。 「この活発な子はアリスちゃん」と名前だけではなく...
こだわりのサイクル 何かに意識をしてしまうとそれが気になって毎日・毎時と見てしまう。楽しみや嬉しさ好奇心が欲しいだけで実際のところ集中出来なかったり一途にものを見てしまうだけでデメリットが大きい。変なこだわりを持ってしまうというのは「変化のない同じことを繰り返す」「まわりのことばを気にしてない」というのが要因。 ...
趣味は「ゲームすること」と、答えることができるか... ゲームの試合に勝利して幸せを感じることはあるけども、幸せを感じるためにゲームをすることはあまり好ましくないよね。 いろんなソーシャルゲームやネットゲームを嗜んでいるのですが「勝利した優越感」というのを得たいが為に時間を割いてプレーをしちゃう。すべてが自分の思い通りに行くわけでもなく、失敗したり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)