絵を描いてて楽しいことつらいこと

最近はラフという下絵と言う状況でイラストを描いて満足している。
というのも「楽しい」というところで止めてしまって「つらい」という作業までしていないのが要因である。色を塗るという作業は思うよりも大変で例えるならイライラ棒を挑戦してるような感じである。

ラフ

紙に鉛筆で描くとする。この時は「どう可愛くしよう」と想像するように描いており自分が思う仕草や格好ができると「楽しい」という気持ちになり満足する。

線画

ここから重要な線を抽出する。
黒い線をなぞるようにペンタブで線を作っていく。感じで言えばイライラ棒のような集中力のいる作業。

色塗り(着色)

ある程度線画がシッカリしていれば塗ることはそれ程、苦ではない作業。
イラストの見栄えがしっかりする重要なことである。
半日で出来るものがあれば、背景をしっかりすれば1週間かかることも。

今後の気持ち

上手くできれば色をぬることも楽しい。ただ時間と評価を考えると新しいものを描いてた方がすぐに終えて楽に感じる。どこに努力を置くかによって上達は変わってくるし頑張りたいと思う。

▼ こちらもどうぞ

モノを名前で覚える人とビジュアルで覚える人... 人やモノを「名前で覚える」ひとはそのまま「アリス」と答える。 人やモノを「ビジュアル」で覚える人は「可愛い服をきた金髪の女の子」と言う というのもひとつには記憶の結び方が左右している。 名前で覚える人は、余計な情報はいれずに特徴だけで覚える。 「この活発な子はアリスちゃん」と名前だけではなく...
言霊と自分の伝えたいこと。 記事を多く書いたり惹かれるようなタイトルを書かないのでこのブログの流入数は1記事で20人程度(ほぼソーシャルメディア)です。コンテンツを絞っていない日記なので、この程度でしょう。 だいたい1記事を書くのに1時間はかかってしまいます。 自分の話したい言葉を考えながら感覚で書いて入力していき、同じよう...
百聞は一見しかず 色んな人の意見を百回聞くよりも。自分の目で一回見たほうがためになるということ 私より年上の方々の世話話を聞くことが多いのですが、実際聞いててもためになったことはなく自分は自分なりの考えで生活しています。しかし何故、人は誇らしいと思ったことを他人に説明したがるのか、必要とされない時にネタをふるのか。...
買った本はどうする? 買った本は大事には保存するけど割りと一度読んだら満足してしまうことがある。捨てるにはもったいないので本棚にいれるけどもいつの間にか褪せてたり、入れ方が悪かったりして一部がペチャンコになってたりしてあ〜あという気分になる。ただもう一度よみたい。悩んだときのアイデアとして持っているというのが自分の本に対...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)