百聞は一見しかず

色んな人の意見を百回聞くよりも。自分の目で一回見たほうがためになるということ

私より年上の方々の世話話を聞くことが多いのですが、実際聞いててもためになったことはなく自分は自分なりの考えで生活しています。しかし何故、人は誇らしいと思ったことを他人に説明したがるのか、必要とされない時にネタをふるのか。

一つは「自分を褒めて欲しい」というキモチから来ていると思っております。
自分の経験したことを話すことによって今までの人生は間違ってないと自己暗示するもの。一人じゃ寂しいので聞いて欲しい。それで頷いて満足して欲しい。ただそれだけの理由なのではないでしょうか。

二つは「自分色に染めたい」ということ、共感する人を増やして自分を満足させたい。自分は上の存在(リーダーや上司)として命令したいからでしょう。

これらを踏まえると「人は誇らしいことを説明したがるのか」というのは「自分が幸せになりたい」そして「他人も幸せにしたい」という気持ちの現われなのでしょうね。

自分の人生は自分で決めたほうがよい

他人の世話話を多く聞くよりも、自分の人生は自分で決めて歩いたほうが楽しいです。色んなものを見たり経験したり、絵を見たり本を読んだりすることによって自分に必要なものが段々と見えてきます。道に迷ったらそこで聴けばよいものです。

▼ こちらもどうぞ

毎日メモをとるということ 本屋でお仕事してると人がいないときにちらっと本を読んでしまうことがある。 最近読んだのはスケジュール帳などに今日したこと思いついたことをメモする癖をつけようという本である。 単なるお仕事だとしても良いことがあったり嫌なことがあったりと様々、でも次の日には気分も考えこともリセットされるのが人間であっ...
あじさい 紫陽花は全体的に咲いていない2分咲のころのほうが好きです。よく見ると四枚葉なのですね、多く咲いてると雑に描いてしまうので勉強になります。 様々なあじさいとスカイツリーが映る場所で撮ってます。先週買ったZenFone 3 MAX を使いながら撮影してみました。撮る時に意識してるのは黄金比を使...
勉強とボキャブラリー   仏教の説経やキリストの説教を踏まえて人生とは何か、迷える子羊の為に助言をさしあげるお坊さんや神父さんって凄いと思う。自分でも「困っている人を手助けをする」という精神は強いのだが、最後まで見守ってあげられるようなボキャブラリーを合わせておらずギクシャクとした気持ちになってしまうことが多い。「...
ウォルト・ディズニー展で学んだこと... 日本未来科学館で開催しているディズニー・アート展に行ってきました。 http://www.miraikan.jst.go.jp ウォルト・ディズニー社で働いているイラストレーターさんの原画や背景などを見ているとしっかり描いている反面。スケッチ絵が原型がないくらいあっさりとしている人もいて勉強に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)