Macで「iA Writer」を使って執筆をする。

執筆するときは「iA Writer」という文章制作(ライティングソフト)を使っている。気分的にはワープロで文字を入力するのに似ていて白紙の内容から文字を綴っていく感覚、違いは途中で間違えた時に修正が利くという点。

余計な装飾もなく書きやすいし入力するラグもないので便利なのだが、サイズ変更が「小」「中」「大」しかなく自分の好きな文字サイズを決めることができないのが欠点である。(1)もともと「English Writer」用だしね

自動的に禁則処理をしてくれる。

英語の半角文字と日本語の全角文字 これが混在していると文字がずれたり句読点が変に前に来たりして読みにくい文章になってしまう、たが心配はなくこの「iA Writer」は禁則処理をやってくれる。

MacbookがなくてもiPhoneやAndroidで

ふとした時に執筆したくなるときもあるだろう。そういう時はスマートフォンである程度執筆すれば、家に帰ってきた時に書きたいものをMacbookで書くことができる。iPhoneならばロケーションをiCloudに、AndroidならGoogle Drive(別途Macbookに同期アプリが必要)などと連携できて頼もしいものになる。

WordPressなどに投稿

WordPressのアカウントを紐づけすることができるため、執筆した内容を自分のブログに投稿することができる。ただJetPackというWordpress公式が出してるプラグインを使わなければならず表示速度を気にしているので使用はしていません。(2)便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

少しばかり3000円と値が貼るかもしれないが、ライティングソフトで悩んでいるならば買ってみるのもいかがでしょうか?

▼ こちらもどうぞ

   [ + ]

1. もともと「English Writer」用だしね
2. 便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)