こだわりのサイクル

何かに意識をしてしまうとそれが気になって毎日・毎時と見てしまう。楽しみや嬉しさ好奇心が欲しいだけで実際のところ集中出来なかったり一途にものを見てしまうだけでデメリットが大きい。変なこだわりを持ってしまうというのは「変化のない同じことを繰り返す」「まわりのことばを気にしてない」というのが要因。

「こだわる」ということが悪いわけではない。陶芸品をつくる巨匠やさかなクンのような専門家などと一つのものに貫き通す努力をする方もいらっしゃるのである。では、彼らとは何が違うのか?

それは「こだわりのサイクル」が違うからである。

まずひとつのことにこだわる。前回と同じことだとしても一途にこだわり。もう成長が見えなくなったら諦める。そして新しいことに挑戦するというのが「一般的なこだわり」

ひとつのことにこだわりながらも新しいことを取り入れて挑戦しつつ欠点をどう補っていくかを追求していくのが、「匠や専門家などのこだわり」の考え方かもしれません。

少し考え方が違うだけでも、成長の速さは雲泥の差。自分のしたいことを考えながらも新しいものに目を向けて情報を発信することが大事だと思います。

▼ こちらもどうぞ

買った本はどうする? 買った本は大事には保存するけど割りと一度読んだら満足してしまうことがある。捨てるにはもったいないので本棚にいれるけどもいつの間にか褪せてたり、入れ方が悪かったりして一部がペチャンコになってたりしてあ〜あという気分になる。ただもう一度よみたい。悩んだときのアイデアとして持っているというのが自分の本に対...
モノを名前で覚える人とビジュアルで覚える人... 人やモノを「名前で覚える」ひとはそのまま「アリス」と答える。 人やモノを「ビジュアル」で覚える人は「可愛い服をきた金髪の女の子」と言う というのもひとつには記憶の結び方が左右している。 名前で覚える人は、余計な情報はいれずに特徴だけで覚える。 「この活発な子はアリスちゃん」と名前だけではなく...
ことばの積み木 文豪のエッセイのように1日400文字くらいで綴れれば良いとは思うのですが、なかなかそういうわけにはいかず、ものを書かずに一日を過ぎてしまうということに哀愁を感じるのです。 普段の生活をおもしろおかしく書いたり、描写的に書くというのは理解ってても難しいことです。大体の人は自分にあったことをそのま...
無口とコミュ症と人見知り 「話し下手と文字を書くこと」- 黒姫のお絵かき帳 実は2年前に「話し下手と文字を書くこと」という記事で無口な人は何故無口なんだろう?という記事を書いていたのですが。最近、言葉を発せられない人の中にも「無口」と「コミュ症」と「人見知り」という分類が分けられてるみたいなので少し詳しく書いてみたいと思い...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)