毎日メモをとるということ

本屋でお仕事してると人がいないときにちらっと本を読んでしまうことがある。
最近読んだのはスケジュール帳などに今日したこと思いついたことをメモする癖をつけようという本である。

単なるお仕事だとしても良いことがあったり嫌なことがあったりと様々、でも次の日には気分も考えこともリセットされるのが人間であって記憶としても段々と薄れてしまいがち、そうならないためにも記憶の断片としてメモをとる。苦手な人はスケジュール帳にやったことをタイムライン形式にしていくそれだけでも脳が活性化していくみたいです。

今日のこと

春アニメ

そういえば今年の春アニメが決まりましたね。
見るのは「アイドルマスターシンデレラガールズ劇場」「有頂天家族2」「アリスと蔵六」くらいでしょうか。

有頂天家族といえば森見登美彦さんの作品ですし、最近放映されている映画の「夜は短し歩けよ乙女」の作者ですね。和を題材にしたコメディアニメは好きなのですが文庫の表紙画風でアニメ作られててあの画風で動くという苦手意識があり映画をみるには至ってないという状況です。しかし「有頂天家族」の画風は話題アニメ(君の名は)のような絵柄なので、こちらの作品にはのめり込めそうです。

欲しい本

「大正箱娘 ~ 怪人カシオペイヤ ~」が発売されたので初月あたりに購入します。

大正箱娘-怪人カシオペイヤ-

大正箱娘-怪人カシオペイヤ-講談社タイガ-紅玉-いづき

大正時代の浪漫。って何か日本文化とハイカラ文化がいい具合に混ざった時代で見るのも読むのも好きです。こんな時代背景を作品に投入できればなとつくづく思いながら読ませていただいております。

徒然

こんな感じでこの日記に思ったことを呟ければと、3日坊主。渡り鳥のようにその場で居座ることができないタイプですが自分への「メモ」として残していきたいですね。

▼ こちらもどうぞ

無口とコミュ症と人見知り 「話し下手と文字を書くこと」- 黒姫のお絵かき帳 実は2年前に「話し下手と文字を書くこと」という記事で無口な人は何故無口なんだろう?という記事を書いていたのですが。最近、言葉を発せられない人の中にも「無口」と「コミュ症」と「人見知り」という分類が分けられてるみたいなので少し詳しく書いてみたいと思い...
絵を描いてて楽しいことつらいこと 最近はラフという下絵と言う状況でイラストを描いて満足している。 というのも「楽しい」というところで止めてしまって「つらい」という作業までしていないのが要因である。色を塗るという作業は思うよりも大変で例えるならイライラ棒を挑戦してるような感じである。 ラフ 紙に鉛筆で描くとする。この時は「どう可愛...
ウォルト・ディズニー展で学んだこと... 日本未来科学館で開催しているディズニー・アート展に行ってきました。 http://www.miraikan.jst.go.jp ウォルト・ディズニー社で働いているイラストレーターさんの原画や背景などを見ているとしっかり描いている反面。スケッチ絵が原型がないくらいあっさりとしている人もいて勉強に...
買った本はどうする? 買った本は大事には保存するけど割りと一度読んだら満足してしまうことがある。捨てるにはもったいないので本棚にいれるけどもいつの間にか褪せてたり、入れ方が悪かったりして一部がペチャンコになってたりしてあ〜あという気分になる。ただもう一度よみたい。悩んだときのアイデアとして持っているというのが自分の本に対...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)