断捨離と完成させるものに対する意識

必要な要素と必要じゃない要素を並べて断捨離してるところです。

過去の記事

過去の記事を見てると、その時は思ったことを述べていたけども内容としては面白くないし今の自分にとっては必要のないものだったりします。誰かに響いているのであれば投稿を消すことを諦めることもありますが、大体呟いていることは自己意識だけなので、ぽいっとゴミ箱に捨ててしまうものです。

捨てること

前の記事もアカウントを捨てたような内容を呟いてました。こちらは気持ち的な問題でしたが20日間くらい経ってスッキリしました。捨てることに躊躇するのは「無くなってしまう」損失感からうまれるものであり、一回離れてしまうと続けたくなくなるというもの。昔に書いた記事も評価がなければ捨ててしまいます。

悪いところ

色々断捨離していると「文章も書きたくない」「イラストも描くのもいいや」と「怠慢」になっているような気がします。コレは悪いサイクルです。「見せなきゃいけないもの」という意識がなくなったので時間を獲た代わりに「描かなくてもいいや」という意識になってしまっているのかと…。

考えられる対処

「時間」はあるので「ラフ(下書き)」でアップロード(見せる)のではなく、色を塗ってしっかりと「完成」して、そこから見せるような意識に変えれば充分変わってくると考えております。

長年、下書きの時点で評価してほしいからSNSなどに描いたよ!とアップロードしては撃沈していたので完成したものを見てほしいという気持ちを高めるためにもしっかりと頑張っていきたいものですね…。

新しい記事

新しい記事に対することとすれば「堅苦しい表現」は使わないということでしょうかね。割と伝えたいことを真面目に書いちゃうと表現が堅くなったり、教授みたいな言い回しをしちゃうので、なるべく読み手にも読みやすい。子供でも読めるような文章を心がけて行きたいと思っております。いわゆる今回の記事のような言い回しでしょうか?

日常的なこと

結構書こうか悩んでます。せっかくのブログ(日記)ですのでライフログ的なことも呟いてもいいと思っておりますがどうなんでしょうか?自己評論的なことをつぶやいてると。日常的な記事というのは必要なのかなと思って書くのをためらうこともあるのですが…。コレを気に気になったものは書くというのもいいかもしれませんね。

楽しくやってます。

ブログも変わりのSNS(Google+)もそれ程投稿してないので鬱になってるんじゃないか?と心配してくれる方もいらっしゃいますが、それとは真逆で元気にやっております・ω・

韓国料理 韓美膳

今までしなかったオシャレな料理を写真を撮ってメモを残すようなこともしてますし、その点では「今まで見えなかった新しいもの」に挑戦できてる気がしますね。まだまだ意識からは拭えてないですが自分の求めるものがゲットできればいいですね。

Macで「iA Writer」を使って執筆をする。

執筆するときは「iA Writer」という文章制作(ライティングソフト)を使っている。気分的にはワープロで文字を入力するのに似ていて白紙の内容から文字を綴っていく感覚、違いは途中で間違えた時に修正が利くという点。

余計な装飾もなく書きやすいし入力するラグもないので便利なのだが、サイズ変更が「小」「中」「大」しかなく自分の好きな文字サイズを決めることができないのが欠点である。(1)もともと「English Writer」用だしね

自動的に禁則処理をしてくれる。

英語の半角文字と日本語の全角文字 これが混在していると文字がずれたり句読点が変に前に来たりして読みにくい文章になってしまう、たが心配はなくこの「iA Writer」は禁則処理をやってくれる。

MacbookがなくてもiPhoneやAndroidで

ふとした時に執筆したくなるときもあるだろう。そういう時はスマートフォンである程度執筆すれば、家に帰ってきた時に書きたいものをMacbookで書くことができる。iPhoneならばロケーションをiCloudに、AndroidならGoogle Drive(別途Macbookに同期アプリが必要)などと連携できて頼もしいものになる。

WordPressなどに投稿

WordPressのアカウントを紐づけすることができるため、執筆した内容を自分のブログに投稿することができる。ただJetPackというWordpress公式が出してるプラグインを使わなければならず表示速度を気にしているので使用はしていません。(2)便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

少しばかり3000円と値が貼るかもしれないが、ライティングソフトで悩んでいるならば買ってみるのもいかがでしょうか?

   [ + ]

1. もともと「English Writer」用だしね
2. 便利なプラグインだがシステムに影響を与えるため

自分が思う「慈愛の精神」

否定的なことを討論する人は沢山いるけども、肯定的なことを討論する人は少ない。他人の不幸は蜜の味とも言ったところか、他人を思う慈愛の精神というのは限られた人が持っている特別なもの。

ところで慈愛の精神ってなんだろう?と思う人も多いだろう。簡単に言えば「自分が愛されたければ他人も愛しなさい」ということ、自分が幸せになりたければ困ってる人を助けなさい。そしたらいつか自分が困ったときに誰かの助けがくるでしょう。否定的なことを考えてる人には幸せなことは起きませんよという言葉です。

他人を恨めば、自分が恨まれる。他人を否定すれば自分にも戻ってくる。
人生というのはそういうものです。

ただ、「自分が幸せになりたいから他人を助ける」というのは慈愛の精神とは違うものです。よく勘違いされるのがボランティア「心の中で目立ちたいから」「協調したいから」とか「苦労を感じたい」が為に参加をする人が多々います。面白半分で参加するというのはそれは自分自身に快楽を求めたい(楽しみが欲しいがため)でしょう。とはいえ「キチンとした心前」で参加するのであれば、それは仏教的な思想「慈悲深い」苦しみを楽しみに変えて幸せにしたいという思想にもなるかもしれませんね。

慈愛とは「自分から幸せにはなってはいけない」愛情を振りまいていれば後から「他人から幸せをくれる」ということ。そして、この気持ちを心がけてると心が豊かになるものです。

こだわりのサイクル

何かに意識をしてしまうとそれが気になって毎日・毎時と見てしまう。楽しみや嬉しさ好奇心が欲しいだけで実際のところ集中出来なかったり一途にものを見てしまうだけでデメリットが大きい。変なこだわりを持ってしまうというのは「変化のない同じことを繰り返す」「まわりのことばを気にしてない」というのが要因。

「こだわる」ということが悪いわけではない。陶芸品をつくる巨匠やさかなクンのような専門家などと一つのものに貫き通す努力をする方もいらっしゃるのである。では、彼らとは何が違うのか?

それは「こだわりのサイクル」が違うからである。

まずひとつのことにこだわる。前回と同じことだとしても一途にこだわり。もう成長が見えなくなったら諦める。そして新しいことに挑戦するというのが「一般的なこだわり」

ひとつのことにこだわりながらも新しいことを取り入れて挑戦しつつ欠点をどう補っていくかを追求していくのが、「匠や専門家などのこだわり」の考え方かもしれません。

少し考え方が違うだけでも、成長の速さは雲泥の差。自分のしたいことを考えながらも新しいものに目を向けて情報を発信することが大事だと思います。

ことばの積み木

文豪のエッセイのように1日400文字くらいで綴れれば良いとは思うのですが、なかなかそういうわけにはいかず、ものを書かずに一日を過ぎてしまうということに哀愁を感じます。

普段の生活をおもしろおかしく書いたり、描写的に書くというのは理解ってても難しいことです。大体の人は自分にあったことをそのまま表現してしまうので実際での読み手からしたらモヤモヤした状態で話が進んで、どの言葉が強調されているのか判らずに新たな言葉が登場してゆく自分だけの文章になってゆくのです。

言ってしまえば「積み木」のようなもの。四角のような角ばった表現があれば三角のように尖った表現もある。丸のような柔らかい表現は優しいイメージはあるかもしれないけど三角や四角などを使うときにはどうしても隙間が出来てしまう。その隙間がモヤモヤした表現があるということ

もやもやした表現をどうしたら解消できるのかというと、角っこが丸くなっているような積み木。変わった表現をしてみるのが文章に味を持たせることができるポイントだと思います。

例えば「積み木でお城」を作ろうとするとき「とある某国、1800年続いた歴史のあるこの由緒あるこのお城に存続の危機が生まれた…」と角ばった表現もあれば「死闘の末、守ってきたが防衛は崩れ痛々しい傷が増えてく一方…」のような心にのこるような尖った表現。「BABY、それは赤ちゃん。今まで築いてきた文明を壊す無邪気な存在、何でもかんでも壊しちゃう」のような柔らかい表現にアクセントを加えた言葉などを組み合わせることによって面白みを伝えることができます。

とは言っても文章をうまく構築していくのは難しいので積み木のように「機関車作りたい」「お城をつくりたい」「動物園にしたい」などと伝えたいことを最初に決めておくのが上手になる言葉のエッセンスだと思います。