ぐっすりと寝ること。

(科学的根拠および研究した内容ではないのであくまで個人での推察ということをご了承おねがいします。)

睡眠(ねること)

睡眠というのはパソコンで言う記憶の上書き保存。一日の記憶を脳という保存領域に書き込むための処理行動であり、寝ることによって忘れないようにファイルをつくることである。

レム睡眠(浅い眠り)

動画や録音をしたあとに「処理中」という文字を見たことがあるだろう。目からみた記憶、耳から聞いた記憶を、録画録音した内容として保存している時間である。ニューロンが活性化することによって夢を見たり、身体の機能がゆっくりとスリープします。

ノンレム睡眠(深い眠り)

身体がスリープして、メモリー(一日の記憶)を初期化している時間。脳はひっそりとレム睡眠で保存した内容を種類別に(1)人によって時間でわけるか出来事でわけるか変わってくるカットし振り分ける時間。シナプスを生成(ファイルへの通り道)し脳にとって解りやすくメモをとる時間である。

寝ない人は工事する時間やファイル時間が少なく記憶をメンテナンスできない。記憶への舗装もガタガタになり忘れてしまうなどの状態ができてしまうのである。

記憶の整理

記憶というのは「モノ」
考えることは「モノを取りに行く道」

舗装されていればすぐに思い出して取りに行くとができる。時間が経つことによって舗装された道もガタガタに、忘れる前に記憶することによって舗装されたり、床→私道→県道などと(神経細胞の)規模が膨大になるのである。

一夜漬けか、何度も復習することか

それを踏まえると「一夜漬け」というのは新品な道。通りやすく記憶に直結しやすい。寝ずに一夜漬けでも点数取れるよという人は道を作るのが上手な方です。

それとはべつに「何度も復習する」というのは、道の規模を大きくするということであり。繰り返し勉強することによって通りやすくアクセスしやすい状態に変えることができます。

寝なければ記憶は保存されない

勉強しても睡眠しなければ記憶はされませんし、覚えてたことも舗装されずに忘れることになります。ぐっすりと寝ることによって、「脳にも身体にもよい一日」を作ることでしょう。そして保存された記憶の結びつきが、ひらめきのキッカケになって新しいものを産むことができるかもしれません。

▼ こちらもどうぞ

勉強とボキャブラリー   仏教の説経やキリストの説教を踏まえて人生とは何か、迷える子羊の為に助言をさしあげるお坊さんや神父さんって凄いと思う。自分でも「困っている人を手助けをする」という精神は強いのだが、最後まで見守ってあげられるようなボキャブラリーを合わせておらずギクシャクとした気持ちになってしまうことが多い。「...
毎日メモをとるということ 本屋でお仕事してると人がいないときにちらっと本を読んでしまうことがある。 最近読んだのはスケジュール帳などに今日したこと思いついたことをメモする癖をつけようという本である。 単なるお仕事だとしても良いことがあったり嫌なことがあったりと様々、でも次の日には気分も考えこともリセットされるのが人間であっ...
言霊と自分の伝えたいこと。 記事を多く書いたり惹かれるようなタイトルを書かないのでこのブログの流入数は1記事で20人程度(ほぼソーシャルメディア)です。コンテンツを絞っていない日記なので、この程度でしょう。 だいたい1記事を書くのに1時間はかかってしまいます。 自分の話したい言葉を考えながら感覚で書いて入力していき、同じよう...
きつねの嫁入り 晴れているのに雨がふったり、 天気が悪そうなのに晴れていることを「きつねの嫁入り」と言います。 ところでみなさんはこのような天気のことを何と言ってます? きつねの嫁入りとは言わない地域の人は「おてんき雨」とか言うみたいです。 きつねの嫁入りと言われた由来 「きつねの嫁入り」について調べ...

   [ + ]

1. 人によって時間でわけるか出来事でわけるか変わってくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)