最近のGoogle検索事情を含め Google Analytics 機能を停止しました。

Google Analytics を使っていたのですが、最近の広告非表示化ブラウザーやトラッキング拒否などのシステムを垣間見ると使っていても仕方ないと感じ、止めさせていただきました。とは言っても陰で動いているものなので実際は動いているか知ることも出来ないものですが描画速度UPを向上させた方が閲覧としてはいいのでそうしてます。

最近のGoogle検索事情

最近のGoogle検索トラッキングとしては「描画速度が速いサイト」「スマートフォンなどで崩れずに描画されるサイト」「更新速度が多い(情報として価値のある)サイト」などの情報が上位にくるようになりました。
Google Search General Guidelines (PDF)

描画速度が速いサイト

特に重要視されるのが「描画速度が速いサイト」で最近では3秒以上表示されないのはかなり遅いと評価されてGoogle Searchでの検索が後位になってしまう模様です。

計測Page : Google page Insight

パソコン

pageInsight_01

モバイル

pageInsight_02

理想は100ですが 90 ~ 100であれば「対策しているサイト」と認識してくれるので評価されやすくなります。それよりもラボデータ内の計測秒が遅くても2秒、速くて0.1秒にすることが目的になるでしょう。

スマートフォンに対応しているサイト

閲覧している7割はスマートフォンでの閲覧という結果がありました。パソコンに比べて誰でも持っている端末。調べたいことの安易性を考えるとパソコンで横広に表示されるのではなくスマートフォンでも見られるサイトを心得たほうがユーザーにも伝えやすい時代となりました。

「更新速度が多い(情報として価値のある)サイト」

Searchというのは大きな図書館にある本の内容を知るために導き人として教えてもらうものであり。膨大な情報の中から理想なものを探すものとしてデジタルの世界に要るもの。古い情報も古書として重要だが、アナログとは違いデジタルというのは古い情報よりも新しいものを優先して表示しなければならない「情報(news)」な時代になっています。現時点では「更新頻度が高く内容の濃いページ」というのは情報としても重要なものとして捉えられる模様です。

Google Analytics を止めた理由

商品を販売している施設や店舗などはむしろ使うべき Google Analytics ですが、自分のウェブは天真爛漫に自分の思うことを書き綴っているサイト。何が人気で何が不人気なのか知っても変わらないということで止めた理由です。

▼ こちらもどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)