勉強とボキャブラリー

 シスター

仏教の説経やキリストの説教を踏まえて人生とは何か、迷える子羊の為に助言をさしあげるお坊さんや神父さんって凄いと思う。自分でも「困っている人を手助けをする」という精神は強いのだが、最後まで見守ってあげられるようなボキャブラリーを合わせておらずギクシャクとした気持ちになってしまうことが多い。「経験は力」とは言ったもので様々な知識を長年取り入れている人のほうが知識も豊富になるってこと、知識を表顕せず頭の中の引き出しにいれて、『ここぞ』っていうときに披露できる人のほうが格好いい。

勉強とは「自分の生活していくための知識として取り入れるもの」だと。高校・大学まで勉強したからそれでいいやと止めてしまうのではなく「好きなもの」を追求してみる。歴史なら戦国時代の武将が大勢いるが、有名なのは「織田・豊臣・徳川」と教科書にも3人が戦国時代を統括したとは書いてある。しかしその当時に領地を制圧してたのは「細田」「上杉」と名前を聞いたことあるけど事情の知らないことがあるだろう。そういうときは詳しく説明している本や専門書をよみながら「勉強」して、さらなる向上心があるのであればお城にいき現地で「追求」する。これが正しい勉強だと私は思っている。

別に他人と一緒になることはない。変わった考え方もあれば他の人にはなかったアイデアも出すことができるだろう。ただボキャブラリーを増やすには自分から行動をして勉強をするしかない。大人になったからやめるのではなく、大人になったからこそ自由な行動や発見できるのだと。

▼ こちらもどうぞ

衰退をかかえるローカル鉄道 www.chunichi.co.jp/article/feature/railnews/list/CK2017112402000228.html 2018/3/31にJR三江線が廃線になってしまい。次々と鉄の道は消えていくものです。廃線を避けられないのかと言っても鉄道ファンやローカル鉄道好きな...
断捨離と完成させるものに対する意識... 必要な要素と必要じゃない要素を並べて断捨離してるところです。 過去の記事 過去の記事を見てると、その時は思ったことを述べていたけども内容としては面白くないし今の自分にとっては必要のないものだったりします。誰かに響いているのであれば投稿を消すことを諦めることもありますが、大体呟いていることは自己意...
趣味は「ゲームすること」と、答えることができるか... ゲームの試合に勝利して幸せを感じることはあるけども、幸せを感じるためにゲームをすることはあまり好ましくないよね。 いろんなソーシャルゲームやネットゲームを嗜んでいるのですが「勝利した優越感」というのを得たいが為に時間を割いてプレーをしちゃう。すべてが自分の思い通りに行くわけでもなく、失敗したり...
無口とコミュ症と人見知り 「話し下手と文字を書くこと」- 黒姫のお絵かき帳 実は2年前に「話し下手と文字を書くこと」という記事で無口な人は何故無口なんだろう?という記事を書いていたのですが。最近、言葉を発せられない人の中にも「無口」と「コミュ症」と「人見知り」という分類が分けられてるみたいなので少し詳しく書いてみたいと思い...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)