勉強とボキャブラリー


 シスター

仏教の説経やキリストの説教を踏まえて人生とは何か、迷える子羊の為に助言をさしあげるお坊さんや神父さんって凄いと思う。自分でも「困っている人を手助けをする」という精神は強いのだが、最後まで見守ってあげられるようなボキャブラリーを合わせておらずギクシャクとした気持ちになってしまうことが多い。「経験は力」とは言ったもので様々な知識を長年取り入れている人のほうが知識も豊富になるってこと、知識を表顕せず頭の中の引き出しにいれて、『ここぞ』っていうときに披露できる人のほうが格好いい。

勉強とは「自分の生活していくための知識として取り入れるもの」だと。高校・大学まで勉強したからそれでいいやと止めてしまうのではなく「好きなもの」を追求してみる。歴史なら戦国時代の武将が大勢いるが、有名なのは「織田・豊臣・徳川」と教科書にも3人が戦国時代を統括したとは書いてある。しかしその当時に領地を制圧してたのは「細田」「上杉」と名前を聞いたことあるけど事情の知らないことがあるだろう。そういうときは詳しく説明している本や専門書をよみながら「勉強」して、さらなる向上心があるのであればお城にいき現地で「追求」する。これが正しい勉強だと私は思っている。

別に他人と一緒になることはない。変わった考え方もあれば他の人にはなかったアイデアも出すことができるだろう。ただボキャブラリーを増やすには自分から行動をして勉強をするしかない。大人になったからやめるのではなく、大人になったからこそ自由な行動や発見できるのだと。

▼ こちらもどうぞ

言霊と自分の伝えたいこと。 記事を多く書いたり惹かれるようなタイトルを書かないのでこのブログの流入数は1記事で20人程度(ほぼソーシャルメディア)です。コンテンツを絞っていない日記なので、この程度でしょう。 だいたい1記事を書くのに1時間はかかってしまいます。 自分の話したい言葉を考えながら感覚で書いて入力していき、同じよう...
webのシステムとユーザビリティを考えるのは大変難しい。... 12年HTMLとCSSそしてjavascriptを弄ってwebサイトを制作しているが、最近のHTML5やCSSそして新たな記述方法が増えて頭を悩ませている。 最近では、javascriptやcssを圧縮したり排除、軽量化してモバイルユーザーや通信回線が貧弱なユーザーにもメインコンテンツの内容を読め...
毎日メモをとるということ 本屋でお仕事してると人がいないときにちらっと本を読んでしまうことがある。 最近読んだのはスケジュール帳などに今日したこと思いついたことをメモする癖をつけようという本である。 単なるお仕事だとしても良いことがあったり嫌なことがあったりと様々、でも次の日には気分も考えこともリセットされるのが人間であっ...
あじさい 紫陽花は全体的に咲いていない2分咲のころのほうが好きです。よく見ると四枚葉なのですね、多く咲いてると雑に描いてしまうので勉強になります。 様々なあじさいとスカイツリーが映る場所で撮ってます。先週買ったZenFone 3 MAX を使いながら撮影してみました。撮る時に意識してるのは黄金比を使...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)