モニターヘッドフォン談義

モニターヘッドフォンと言えばSonyのMDR-CD900STが有名どころですが、発売されたのもカセットテープからCDへと変化し始めた30年前、令和な今では時代遅れな機種になってきました。自分が購入した機器をメインとしてモニターヘッドフォン購入に悩んでいる方に分かりやすいように説明していきたいと思います。

> ヘッドフォンアンプはHM-400を使用

ヘッドフォンアンプはMackieのHM-400を使用しています。
なぜヘッドフォンアンプから説明するのかというと、アンプによって音量での電圧のかけ方が違うので説明させていただきました。お持ちのアンプ・真空管アンプによって音が変化する可能性があるのでそこはご了承ください。
https://mackie-jp.com/hm-series/

令和時代にオススメなモニターヘッドフォン

SONY MDR-M1ST

Sony信者…でもあったりしますがそれを抜きとしてもオススメしたい逸品であります。音としては「低域〜中域」をメインにしていますが同レーベルMDR-900STのようにツンのめった音ではなく丸みのあるなめらかな音であり演奏してる人が一方的に目立たない(強調されない)いい音。だと思っております。
https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-M1ST/

商品名 MDR-M1ST
音域 低域〜中音域
インピーダンス 24Ω
再生周波数 5~80,000Hz
端子 6.3mm TRSコード
値段 ¥31500〜34000

YAMAHA HPH-MT8

YAMAHAのMixer MG-12XUを持っているので聞いてみようとヘッドフォン展示店に行ったら骨抜きにされたHPH-MT8こちらもオススメ機種となっております。音としては「中域〜高域」をメインにした音でありもともとピアノ(オルガン)から始めたメーカなので「単音主義」な音をしています。なので低音ゴリゴリなダブステップやブレイクコアなゴチャゴチャした音を聞こうとすると耳が痛くなります。主にメロディックなものギターユーザーにはオススメな逸品です。

https://jp.yamaha.com/products/proaudio/headphones/hph-mt8/index.html

blank

商品名 HPH-MT8
音域 中音域〜高音域
インピーダンス 37Ω
再生周波数 15~28,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥23700〜24500

audio-technica ATH-M40x

こちらヘッドフォン販売店にてリスニングした感想なので同じ土俵ではないことをご了承くださいませ。

MDR-M1STのように低域寄りでもなくHpH-MT8のように高域寄りでもなくオールマイティに全帯域にキチンとした音をお届けするのがこのATH-M40xとなっております。音の明瞭感といえばMDR-900STが一番剥離されている感じがして分かりやすいですが高音域が刺さってしまうのが欠点。それを補ったものがこちらの機種です。

良くも悪くも平坦とした音なのでモニターヘッドフォンとしては最候補ですがリスニング用途には向いておりません。

https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-M40x

blank

商品名 ATH-M40x
音域 低域〜高音域 (全音域)
インピーダンス 38Ω
再生周波数 15~28,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥19500〜20000

Mackie MC-250

こちらヘッドフォン販売店(略

アメリカからきた伏せ兵。Mackie MC-250。
値段は1万2000円と上位で紹介したヘッドフォンにくらべるとお手頃ですがMDR-M1STのベースを主体にした音、HPH-MT8の高音域を得意とした音を組み合わせた音をしており、言ってしまえばドンシャリとも言う人もいるでしょうが軽音部だけども学生だから高貴なヘッドフォンを買えない…。と思う方にオススメな逸品です。

https://mackie-jp.com/mc-series/

blank

商品名 MC-250
音域 低域〜中音域
インピーダンス 38Ω
再生周波数 10~20,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥11800〜12800

SONY MDR-Z1000

Twitterのフォロワーが愛用していてオススメされていたのでらヘッドフォン販売店にて視聴してきました。SONY MDR-Z1000です。

同メーカのMDR-M1STに比べると真逆の性格しており「後中音域〜高音域」を主体とした音構成になっております。このヘッドフォンを一言でいうとaudio-technicaのATH-M40x以上になめらか。雪見だいふくのような頬に溶けるようななめらかさがあります。モニターヘッドフォン扱いされておりますがどちらかというとリスニング用途で購入されたほうが幸せになる気がします。

https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-Z1000/

blank

商品名 MDR-Z1000
音域 後中音域〜高音域
インピーダンス 24Ω
再生周波数 5~80,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥36800〜39800

リスニングした感じでは

リスニングした感じではやっぱり有名どころだったりみんながオススメされている逸品が志向だったりしますね。そのなかでは去年発売されたMDR-M1STが作者としてはオススメしたいのですが、HPH-MT8,ATH-M50xにくらべると認知度が低いのが現状です。

そういえばMDR-900STをなぜオススメしないのかですって?

MDR-900STは大御所で明瞭感と音の剥離に対してはピカイチですが言ってしまえば頑固者、音を知っておくには買っておきたい逸品ですが様々なジャンルがある現時点では時代遅れな感じもします。それと「みなさまが知っている音」だからということで紹介を省かせていただきました。

好きなヘッドフォンを買うべき

オーテクのようにしっかりした音を好む人もいればヤマハのように音ひとつひとつにほころびを堪能したくなるものもありますのでクリエイトするにあたって自分の好きな音を追求するのが良いと思います。何故ならリスニングユーザーのスピーカーもヘッドフォンも結局は同じもので聞かないですからね…w

イラストブログを統合しようとしてた。それとイヤフォン・ヘッドフォン雑談

半年前に考えながらと模索はしていたもののついつい忘れてしまって、あれ…何をするんだっけと思いながら半年ついさっき思い出しました。ここの「てまりうた」に最近描いたイラストを掲載しようと。

神楽ちゃん

blank
最近描いたものといえばポップンミュージックの神楽ちゃん。最近お気に入りのキャラです。
巫女衣装って好きなんですよね。神聖的でなおかつ日本らしさが映るというか。

最近の日常

音声ログ・音声メモ

特に変わったことはないですが、SHUREのSM57を購入して音声ログ・音声メモを始めてみました。音声ログは勝手にGoogle Driveにアップロードして後で忘れたときに聞き直すだけのものですが、最近凄いと思ったのは「音声メモ」GoogleやMacで搭載している機能(Fnキー2回)で手でキーボードを打たずに文字入力するというもの。手で入力するよりも速くて自分の思っていることを入力できるので本当におすすめです。

SHUREのSM57まで購入して入力する必要性もないですが、Macbookに搭載している標準機能よりも感知度が高いのでそうしています。((SM57-LCEはアメリカの大統領の演説でも使われるダイナミックマイク))

新しいイヤフォン・ヘッドフォンが欲しい

汎用性が高くて業務用としても使いやすいイヤフォン(IE60)・ヘッドフォン(MDR-CD900ST)は持っているのですが、もう一つの上のカテゴリーを求めたい違いを知っているから持っていたいという気持ちが高まるもの。

IE80S

ゼンハイザーから出ているイヤフォン。IE80S

持っているIE60とは似ていて相反するもの。ゼンハイザーのイヤフォンの中でも音の解像度が良くてモニターイヤフォンの聞き疲れというのはなく個人の中でも欲しいイヤフォンの一つです。正味 35000円

MDR-M1ST

Sonyの次期モニターヘッドホンとして今年8月に一般販売されたモニターヘッドフォン。音楽スタジオ・作曲者から愛されているMDR-900STとは違う趣向として登場しました。900STは全ての音が鮮明かつフラット(尖りのない音)なので音を作るときに基本のヘッドフォンとして使われてきました。ただ出たのが平成元年(1989年) 30年も経てば音楽も変わりゆったりしたものから速いもの。原音からシンセサイザーを通したテクニカルな音へと変化していき高音域を生かした音楽へと変わっていく。そういうものです。

その中から次の音へと変化させていくべくMDR-M1STというヘッドフォンが登場しました。購入できていなく販売所での視聴での意見ですが。鮮明さをモットーとしているMDR-CD900STとは違い。音の相対感を重視しているヘッドフォンだと思います。

例えるならMDR-CD900STはレコーディングスタジオで聞こえてくるのを調整して音をつくる(単音から集音) MDR-M1STはみんなでキャプチャー(演奏)した音楽をまとめてレコーディングする(集音したものを調節)雰囲気がします。なので、一つ一つの音を知りたいという人は不向きなヘッドフォンですが、音としては自分の中では最高峰なので購入したい一品であります。

最後に

一時期は新しいスマートフォンが欲しい。ネットワークをしっかりしたいと思っていてイヤフォン・ヘッドフォンを購入しなかった時期がありましたが、最近は手に届きそうなので欲しいと思ってしまうイヤフォン・ヘッドフォンがいっぱい出てきしまって購入欲が抑えきれないのです。クリエイターには仕方ない心情なのかもしれませんね。