モニターヘッドフォン談義

モニターヘッドフォンと言えばSonyのMDR-CD900STが有名どころですが、発売されたのもカセットテープからCDへと変化し始めた30年前、令和な今では時代遅れな機種になってきました。自分が購入した機器をメインとしてモニターヘッドフォン購入に悩んでいる方に分かりやすいように説明していきたいと思います。

> ヘッドフォンアンプはHM-400を使用

ヘッドフォンアンプはMackieのHM-400を使用しています。
なぜヘッドフォンアンプから説明するのかというと、アンプによって音量での電圧のかけ方が違うので説明させていただきました。お持ちのアンプ・真空管アンプによって音が変化する可能性があるのでそこはご了承ください。
https://mackie-jp.com/hm-series/

令和時代にオススメなモニターヘッドフォン

SONY MDR-M1ST

Sony信者…でもあったりしますがそれを抜きとしてもオススメしたい逸品であります。音としては「低域〜中域」をメインにしていますが同レーベルMDR-900STのようにツンのめった音ではなく丸みのあるなめらかな音であり演奏してる人が一方的に目立たない(強調されない)いい音。だと思っております。
https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-M1ST/

商品名 MDR-M1ST
音域 低域〜中音域
インピーダンス 24Ω
再生周波数 5~80,000Hz
端子 6.3mm TRSコード
値段 ¥31500〜34000

YAMAHA HPH-MT8

YAMAHAのMixer MG-12XUを持っているので聞いてみようとヘッドフォン展示店に行ったら骨抜きにされたHPH-MT8こちらもオススメ機種となっております。音としては「中域〜高域」をメインにした音でありもともとピアノ(オルガン)から始めたメーカなので「単音主義」な音をしています。なので低音ゴリゴリなダブステップやブレイクコアなゴチャゴチャした音を聞こうとすると耳が痛くなります。主にメロディックなものギターユーザーにはオススメな逸品です。

https://jp.yamaha.com/products/proaudio/headphones/hph-mt8/index.html

blank

商品名 HPH-MT8
音域 中音域〜高音域
インピーダンス 37Ω
再生周波数 15~28,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥23700〜24500

audio-technica ATH-M40x

こちらヘッドフォン販売店にてリスニングした感想なので同じ土俵ではないことをご了承くださいませ。

MDR-M1STのように低域寄りでもなくHpH-MT8のように高域寄りでもなくオールマイティに全帯域にキチンとした音をお届けするのがこのATH-M40xとなっております。音の明瞭感といえばMDR-900STが一番剥離されている感じがして分かりやすいですが高音域が刺さってしまうのが欠点。それを補ったものがこちらの機種です。

良くも悪くも平坦とした音なのでモニターヘッドフォンとしては最候補ですがリスニング用途には向いておりません。

https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-M40x

blank

商品名 ATH-M40x
音域 低域〜高音域 (全音域)
インピーダンス 38Ω
再生周波数 15~28,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥19500〜20000

Mackie MC-250

こちらヘッドフォン販売店(略

アメリカからきた伏せ兵。Mackie MC-250。
値段は1万2000円と上位で紹介したヘッドフォンにくらべるとお手頃ですがMDR-M1STのベースを主体にした音、HPH-MT8の高音域を得意とした音を組み合わせた音をしており、言ってしまえばドンシャリとも言う人もいるでしょうが軽音部だけども学生だから高貴なヘッドフォンを買えない…。と思う方にオススメな逸品です。

https://mackie-jp.com/mc-series/

blank

商品名 MC-250
音域 低域〜中音域
インピーダンス 38Ω
再生周波数 10~20,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥11800〜12800

SONY MDR-Z1000

Twitterのフォロワーが愛用していてオススメされていたのでらヘッドフォン販売店にて視聴してきました。SONY MDR-Z1000です。

同メーカのMDR-M1STに比べると真逆の性格しており「後中音域〜高音域」を主体とした音構成になっております。このヘッドフォンを一言でいうとaudio-technicaのATH-M40x以上になめらか。雪見だいふくのような頬に溶けるようななめらかさがあります。モニターヘッドフォン扱いされておりますがどちらかというとリスニング用途で購入されたほうが幸せになる気がします。

https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-Z1000/

blank

商品名 MDR-Z1000
音域 後中音域〜高音域
インピーダンス 24Ω
再生周波数 5~80,000Hz
端子 3.5mm ステレオコード
値段 ¥36800〜39800

リスニングした感じでは

リスニングした感じではやっぱり有名どころだったりみんながオススメされている逸品が志向だったりしますね。そのなかでは去年発売されたMDR-M1STが作者としてはオススメしたいのですが、HPH-MT8,ATH-M50xにくらべると認知度が低いのが現状です。

そういえばMDR-900STをなぜオススメしないのかですって?

MDR-900STは大御所で明瞭感と音の剥離に対してはピカイチですが言ってしまえば頑固者、音を知っておくには買っておきたい逸品ですが様々なジャンルがある現時点では時代遅れな感じもします。それと「みなさまが知っている音」だからということで紹介を省かせていただきました。

好きなヘッドフォンを買うべき

オーテクのようにしっかりした音を好む人もいればヤマハのように音ひとつひとつにほころびを堪能したくなるものもありますのでクリエイトするにあたって自分の好きな音を追求するのが良いと思います。何故ならリスニングユーザーのスピーカーもヘッドフォンも結局は同じもので聞かないですからね…w

FLACリッピングするのにオススメな商品 ”CDレコ”

最近ではハイレゾ(Hi-res)というのが主流みたいですね。SONYやレコチョクなどが曲の販売を行っておりますが、1曲500円ととても高い!!普通のCDに比べて2倍の価格がかかってしまうのがデメリットとなっております。

ハイレゾとは

44.1kHz, 16bit 以上のサンプリング周波数か量子化ビット数を超えているフォーマット(wav,FLACなど)を超えている音に適用する。CDにデコードされている周波数は44.1kHz 16bitな為。どうフォーマットをしてもハイレゾにならない。

主に販売されているハイレゾは 44.1kHz 24bit か 96kHz 24bit のどちらかである。

CDレコ

そこで紹介したいのが「IO-DATA社から"CDレコ"」という商品です。
CDレコ Wi-Fiモデル
http://www.iodata.jp/ssp/cdreco/ "io-deta CDレコ"
なぜCDレコを紹介するのかというと「FLACというフォーマット」に対応しているからです。

FLACフォーマットとは?

CDに取り込まれているリニアPCM(wav、AIFF)を圧縮しつつ元の音質を損なわず可逆的に処理をするフォーマットです。AACやMP3などの非可逆圧縮フォーマット(元の音質に戻せない)に比べて、ほぼCDの音源をそのままリッピングできる処理となっております。

メリット

・mp4やAACに比べ音質の向上。音がハッキリする。
・wavリッピングに比べて60%の圧縮

デメリット

・1曲あたり40MB(4分)
・mp4 aacと比べると10倍の容量になってしまう。
・音マニアや再生しているデバイスが良くないと非可逆圧縮と大差ない
・対応している端末が少ない(Walkmanや最新スマートフォンなど)

それでもCDレコをオススメする理由とは?

パソコンを持ってないが・・・CD音源をスマートフォンに入れたいというユーザーに向けてこの商品は発売されました。

そのままスマートフォンの端子に挿してリッピングする通常モデルと、Wi-Fiを使ってリッピングするWi-Fiモデルがありスマートフォンしかない場合は「通常モデル」PCはあるけどもFLACでリッピングしたいという場合は「Wi-Fiモデル」が良いみたいです。

リッピングするのには専用のアプリ( CDレコ – android )が必要なのですが、ワンタップで曲をリッピングしてくれるのでPCでiTuneなどを起動して…それをスマートフォンに書き込みをする手間が無くなるのを考えれば初心者でも優しい商品だと思います。

手持ちのCDをリッピング

やっぱり少しでも良い音を聞きたいものです。流石にハイレゾなどの原音に比べれば音は減衰するのだろうと思いますが、それでも今までよりも綺麗で重厚なものにしたい。そういう方にはFLACという拡張子はオススメでしょう。

著者の音事情

参考になるかは分かりませんが、自分が心地よい音として感じるデバイスをご紹介したいと思います。

再生機器

Walkman NW-A35

FLAC拡張子時は「DCフェーズリニアライザー」のみON
aac拡張子は「DSEE HX」をON

IE60

SENNHEISER IE60 クリアさ無いがライブのような臨場感を与えてくれる愛用品

拡張子

FLAC

Walkmanとの相性はバッチリです。

AAC

昔にリッピングしたときの拡張子 320kbps にして擬似的にも高音質

雑言

レコード盤のように「針を変えたり」「スピーカーを良い物にする」それとも、レコード盤を綺麗に磨いたりしてノイズのないクリアな音として変化するように、音というのは一つのものを変えるだけでも変わったりします。どれが正解というのはなく自分の好きな音を追求してゆくのが正味だと感じます。それがデジタルになっても再生する機械(CD・テープレコーダー・オーディオプレイヤー)の違い。イヤフォン・スピーカーの違いになったということなのかもしれません。

PS4でも使えるJPRiDEのトランスミッター&レシーバー (JPT2)

ゲームしてるけども急にトイレが行きたい…!いちいち耳からイヤフォンを外すのが面倒くさいという方にオススメなのが「JPRiDE の JPT2」です。

blank

【1分簡単セットアップ – 光入出力対応 】(JPRiDE) JPT2 Bluetooth トランスミッター & レシーバー ( 受信機 + 送信機 一台二役 ) AAC aptX aptX LL 対応 送受信両対応 高音質 CDクオリティ 2台同時接続 約22時間連続運転 充電しながら使用可 【メーカー正規品】

JPT2をオススメする理由

PS4はBluetoothを使ってコントローラーと本体の操作を行っているのですが、本体からBluetoothを使ってイヤフォンとかに受信させようとしても対応しておりません。という項目が出てきてしまうため別の方法を考えなければということで「光デジタル回線」を使えるようなお手頃なトランスミッター「JPT2」をオススメさせていただきました。

実際どうなのか

送信音質はかなり良いです。
繫げ方はPS4に「光デジタル端子」をつないで「JTP2」の「TX(送信)」機能を使い他のBluetoothヘッドフォンやイヤフォンに繋いでる状態です。
デメリットとしてはWiFI環境など2.4GHzが多い環境だとノイズが発生し音が割れてしまうなどがあります。

WiFIルーター次第では…。

Bluetoothと共存のできる設定があるようです。共存を無効ではなく有効またはpre-emptive(先制)などの機能を使うと解消するようです

JPT2に搭載されている機能

光デジタル端子

TX(送信)RX(受信)と共に2つ付いております。あくまで送信か受信かということでこの機械を中継として使うという感じには使えない模様です。AUXにくらべ音質の向上を上げることが出来ます。

AUX

3.5mmステレオケーブルを刺す場所です。光デジタルケーブルがなくとも送信したり受信したり出来ます。

TX(送信機能)

2台まで」他のBluetooth端末(受信)に電波を送信することが出来ます。

RX(受信機能)

2台まで」他のBluetooth端末から送信を受け取ることが出来ます。しかし片方が音がなっている場合は片方は聴くことが出来ません。 (Bluetooth 4.1特有の問題)

どのような人にオススメか?

テレビにイヤフォンを指して聴いている。PS4にAUX端子もなくて困ってるという方にオススメです。

ポータブルスキャナー – iX100 スキャンレビュー

富士通スキャナー - iX100

印刷複合機にスキャナーはついてるけども、スキャンの為に印刷機をONにして数分待つのも怠いし複数枚あると時間がかかるという人にオススメなスキャナー。富士通のiX100です

どういう人にオススメ?

一番オススメとされるのは「サラリーマン」
外部会談や他社から貰った用紙を上司に情報を送るという点で好まれてます。

理由として連続したスキャンをpdf化する機能が標準で搭載しており、自分でスキャンした画像をまとめなくても良いという点で時短ができます。

主婦や学生にも

次に主婦や学生のような、ノートに書くけども電子化してスマートフォンやタブレットで確認したい人。遊園地や娯楽施設のパンフレットを貰ったは良いものの、かさ張るから捨てたいという人にもオススメです。

iX100の性能

解像度

自動的に設定されているモードは「スーパファイン」というモードでして
「カラー:300dpi | モノクロ:600dpi」となっております。

エクセレントというモードを使えば「カラー:600dpi | モノクロ:1200dpi」まであげることが出来ますが、スキャン時間もかかるのであまりオススメはしません。

サンプル

タワーレコード限定ポストカード「パスピエ」を試しにスキャン
パスピエポストカード
解像度:300dpi 拡大にて元サイズ

速度

1枚あたり5.5秒となっております。スキャンするのは手動ですが苦に感じない速度です。

保存形式

「pdf形式」と「jpeg形式」のみ。
しかし一手間ありますがpdfから他の形式に変換すれば事実上はすべての形式に対応

保存可能枚数

事実上はpdfが保存できて読み込める大きさ(200枚前後)までは可能。開くときに重くなるのでそういう場合は個々に種類分けをしたほうが良さそうです。

大きさ(サイズ)

A3までスキャン可能です。
縦か横かどちらかが入れば長さは関係なくスキャンできます。

持ち運び

コンセントがなくても200枚まで印刷可能
WiFi接続にてスマートフォンやタブレットの直接通信も可能です。

どのように通信してる?

WiFiルーターを経由した「アクセスポイントモード」での使用可能
他にも直接スキャナーのWiFiと接続した「ダイレクトモード」にて通信することもできます。スキャンには専用のアプリケーションが必要となります。

iX100とiX500との違い

フラグシップモデルのiX500との違いですが「同時両面スキャン」「放置しながら複数枚スキャン可能」「pdfにした時のOCR書き入れOK」くらいです。

iX100がオススメな人

重さが400gと軽いので外出でスキャンしたい人。タブレットやスマートフォン使った使用。レシートや動物園などで貰った紙のMAPなどを保存したい人にオススメです。

また、充電器が内蔵しており枚数として「200枚」はスキャン出来るようになっております。端子がスマートフォンで使われてる「USB-B」なのでモバイルバッテリーなどを持ち運べば気にせず使用可能となります。

iX500がオススメな人

複数枚を放置しながらスキャン可能というメリットを活かして「自炊」(自炊とは雑誌などを切り抜いて自分で冊子をつくること)したい方や業務などで圧倒的に用紙が多い会社など。フラグシップモデルを活かした機種となっております。

どっちがオススメ?

断然的にiX100の方がオススメです。性能面はiX500と変わらないので「手動でスキャンを見守ってる」のが面倒くさくなければエントリーモデルのiX100をオススメします。

データー化するという面白さ

私もどちらかというと「紙尊重派」なのですが財布の中に増えてゆくレシートやクーポン、引き出しから取り出して見るには面倒くさい雑誌などを必要なモノだけ画像にすることにより、新たなメモ帳としての機能があると私は実感してます。

大学生時代に買っておけば良かったという後悔もあります。
リングノートとの相性やスマートフォンでの即時スキャンも可能なので、怪しまれずに講義の終った後にスキャンできたり、教授への感想(講義アンケート)を自分自身でメモることが出来るので何を勉強したのか記憶として残りやすいと思います。

他にも紙媒体を使うアナログなイラストレーターの方や文豪などの原稿用紙(B3サイズだが設定でB4+B4で合わせることも可能)なども出来たりして万が一の為の情報を残す理由にもなります。

スキャナーで悩んでる方は是非

値段として2万円前後ですが高画質で便利なスキャナーなのでお買い求めになれればと思います。ただ、印刷化したデーターが欲しいのであれば印刷複合機をお買い求めになった方が幸せかもしれません。