縦に高く、横に広く。

そうそう高身長で横にたくましいお相撲さんはモテるよね…!っではなくて「縦に長く専門的に勉強する」のか「横に広くボキャブラリーを取り入れる」のか人には2種類の考えがあると推測する。筆者は前者「縦に長く」なのでもしかしたら「横に広く」の方々に不信感を抱くかもしれないが、多数ボキャブラリーを持ってる人のほうが妬ましくもあり羨ましくも思っている。というのも会話をしている時に「あのドラマの主題歌の曲いいよね、このアーテイストの曲なんだけども話題になったあの曲も歌っているんだよ。こんな曲が好きなら違うアーティストのこの曲もオススメだよ」のような会話上手なシチュエーションを作ることができるからだ。自分にはこのようなシチュエーションは出来ない、縦に長く知識を取り入れるので「このドラマの主題歌いいよね。特に後ろで鳴っているドラムのリズムがいい。途中のジャッジャッと刻むところが一番の聞きごごちポイントだよ!」と受け身な話し方で共感を狙いつつと趣向が合うならばともっと凝った話を薦めていくからだ。

ただ、専門的な勉強をすることは悪くない。一般的に知っていることに対してさらに知ることができ、それに対して賛否両論な意見を言うことができる。クラシックのベートベンのように画家のピカソのように一つのものを突き詰めていくというのはよりよい。ただ一つのものに固着すると同じものにしか作らなくなってしまう。概念の固定化というもの。繰り返せば繰り返するほど出来なかったものが徐々に出来るようになるが、同じものを繰り返しているとそのことしか出来ずになり矯正しようとしても修正することもままならずどん底に陥ってしまうという。その点では幅広くボキャブラリーを手に入れたほうが様々なシチュエーションに耐えることができ上達の近道になる。

しかし、横に広く情報過多になるとそれこそ道化師な存在になってしまうだろう。様々なことをボキャブラリーにいれているため、色んなことを試行錯誤しやすい。アレやコレやと知ることは自分にも他人にも良いように話すことが出来るだろう。だが、知ることを知っただけで自分から挑戦しない。他人の言葉を嘘か真かも信じずに良いことだけ伝える人間になってしまう。そんな道化師な人間に詐欺をするように騙されることが判断できないのが横に広い人間の特徴である。

その点では「縦に長い」というのは自意識の強い職人のように極めることの出来る人間だということなのだろう。それに対して誇っても良い。ただし一つのものに固着するよりは新しいものに挑戦する。それに対して極めればさらなる極めたものとして身に残るからだ。

別に「横に広い」から騙されやすい。ダメだということではない、逆に「横に広い」ことを長所として縦に挑戦する。縦に広い人のように尖ったことは出来ないが様々な趣向を入れた知識というのは既存な事例を尊重しながらも「自分なりの新しいことを発見する」ことが出来るのが横に広いタイプの特徴だ。

隣の芝生は青く見える。相手が妬ましい。そう思えるのは「縦にも低く、横にも狭い」からであり無知であることを自分から自慢気に話す案山子のようなもの。だろう。

しかし隣の芝生が青く見えるからこそ自分の芝生を青くする。隣よりも青くしたいと思えるような実力があるのならば、それは「無知」ではなく「無明」だということ。何もないところから新しいものを発見する「縦に挑戦するのもよし(本を読んで試行錯誤)」「横に挑戦するのもよし(実際に上手い人に訊く)」それは好みの問題でもあるし人それぞれである。無知だからこそ新しいものを知ることができる無明だからこそ疑問を持つことができるそれが「縦に高く、横に広く」の精神なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)