浪漫とはなんだろう。

イラストブログを統合しようとしてた。それとイヤフォン・ヘッドフォン雑談

前回で紹介させていただいだ、Macで音声入力。

iTuneで音楽聞きながらのコメントは入力できないのですね。音楽を聞きながら思いついたことを綴っていくわたしには残念な処理です。

浪漫談義

最近の趣といえば、「自分が持っているものを他者はどのように使っている」のか。もしくは「ちょっと買いたいものの自分にあった機能が果たしてあるのか」と検討を兼ねて動画(Youtube)をみることをしています。動画の中では「買いたて」の方もいれば「マニア」の方もいて、今まで文字でしか浪漫を語り合えなかったものが動画として表現できるようになったのは、クリエイター側も視聴者も嬉しい機能です。

ただ浪漫というのは自分の追い求めた、もしくは追い求めている理想の地であり、つい文句を言ってしまったところで、それは自分なりの仕切りをつくってしまっている。新発見できないからネガティブなことを呟いてしまう。それは浪漫ではなくて周りに合わせたいが為の模倣なのでは?と思います。

完全なるものというのは存在しない

いわゆる完璧。何も負のないことというのは実際は存在しないです。どこかしらズレていてどこかしら欠点というのはある。「足りないものを補う」のか、それとも「逆に特別なことを尖らせる」のかは個人の力量次第です。

自分も一時期は他人から憧れる存在になろうと様々なことに手をだしていましたが、人よりも優れたと思えることは「米粒くらいの小ささ」にしかならないということでした。趣味を分かち合えるというのは楽しいことですが、ときには自分の趣味を汚してしまう。自身の求めている浪漫とはなんだろうか?と不信に思ってしまい、他人を模倣して追いかけるというのはやめることにしました。

自身の浪漫主義

とりあえずは自分のやりたいときにやりたいことを求め、それに対して「駄目だったなぁ」と呟かないことをモットーにしています。買ったけどもイマイチだった。作ったけども良くなかった。ことは多々ありますが、それは何かしらの分野で使えるもの。料理で言う隠し味、時にはアクセントを加えるものだと感じております。

何を求め何を追うのか。

今回の内容では自分自身のオーディオに対する浪漫を考えながら書き込んでいましたが、書いていて自分自身のイラストに対する浪漫や自分のやりたいことの追求に論点を置くことができたかなと再認識しました。自分自身が満足してしまって停滞しているものはありますが、それは追い求める浪漫成分が足りてない、まだまだ向上できることは沢山あるということを気づかせていただいたということです。

メカクレいいよね

話は変わるけども、一部の界隈では。髪で目が隠れた姿を「メカクレ(目隠れ)」というのですが、フェチズムというのも浪漫の一つなんじゃないでしょうか。最初は気づかず好きなものを追い求めていただけなのに気づいたらそのことを好きになっていた。いわゆる恋というものですかね。

▼ こちらもどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)